高松市のアーティスト・イン・レジデンス作家水谷一さんの取材に行ってきました!

あけましておめでとうございます。

この「しまのこと」も立ち上がってもうすぐ2年になります。

引き続き瀬戸内国際芸術祭で注目を浴びている島のこと、島に関わることを取材していくおもしろいメディアとして、今年は様々なことに取り組んでいきたいと思っております。

2019年に「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催されますが、その前年となる今年は島に関わるたくさんの動きや、人の流れができてきます。

それぞれのライターの視点でステキな物事を楽しく紹介できたらと思っております。

引き続きよろしくお願い致します。

さて、新年最初の記事は昨年取材に行ったまもなく公開される「高松アーティスト・イン・レジデンス2017関連事業 水谷一 美術展 表現と光」の作家水谷さんの取材に行ってきた時のお話です。 続きを読む 高松市のアーティスト・イン・レジデンス作家水谷一さんの取材に行ってきました!

瀬戸内国際芸術祭2016閉幕後も鑑賞可能な作品一覧③【犬島、大島、その他エリア】

【大島6作品】

田島征三 森の小径
田島征三 青空水族館
やさしい美術プロジェクト{つながりの家}大島資料室・北海道書庫
やさしい美術プロジェクト{つながりの家}GALLERY15「海のこだま」
やさしい美術プロジェクト{つながりの家}カフェ・シヨル
山川冬樹 歩みきたりて 続きを読む 瀬戸内国際芸術祭2016閉幕後も鑑賞可能な作品一覧③【犬島、大島、その他エリア】

西の島で食い倒れの旅

瀬戸芸の思い出。

西の島では、食べてばっかりでした。
(もちろん作品も見てますよ!海や山も!)

今回はサオが食べた、西の島のうまいもの自慢。

◇粟島:もんてクルー食堂◇
瀬戸芸の「食のフラム塾」の企画です!
14718618_1000363076738670_4479819134476036600_n
いりこ飯の焼きおにぎり(カリカリ!)、三豊ナスの海老あんかけ(とろとろナス~)、鶏のスパイス焼き。

◇高見島:海のテラス◇
14568076_1000363103405334_251569631850716554_n14591646_1000363170071994_1749879926517950571_n
続きを読む 西の島で食い倒れの旅

西の島に行く電車は右側に座る&ガイドブック軽量化作戦

こんにちは、サオです。

瀬戸芸終盤、もう間もなく終わるこのタイミングですが、
島めぐりのときにおすすめのポイントがふたつあるのです。ご紹介します。

◆その1:西の島への港に行くとき、電車に乗るときは右側に座る!
西の島に行くときは、電車移動の方はJRで詫間駅、観音寺駅を使いますね?
そのとき、わたしはなるべく進行方向右側の窓が見られるよう、席を確保します。
(もちろん右側のボックス席がさいこう!)

なぜならば!

海の間近を通るからです!

14900319_1000341920074119_525787037226153619_n
14695597_1000341910074120_3608429685333684581_n

この写真のブレで、臨場感が伝わるでしょうか。
海岸寺駅~詫間駅の間のいっときです。
線路のすぐそこは海です!絶景!この区間だけはぜひ起きててください!

◆その2:瀬戸芸ガイドブック軽量化作戦
しょうもない話なんですが。
正直、瀬戸芸ガイドブックって、分厚くて邪魔じゃないですか?
旅で荷物が重いのっていやだし、現地で使うのってその島の数ページだけじゃないですか。

結果、こんなスタイルになってます。

14718794_1000341996740778_4199045201751338203_n
右:その島の作品・地図ページ
左:船、バスなど交通手段のページ
上記を、切り取って、ホチキスでとめて勝手に冊子にする。
(貧乏くさいとか言わない!)
軽くてべんり!
それだけです!

ではまた!

山と海とウミホタル。9月の粟島(後編)

前編の続きで、アート以外の粟島観光、自然を楽しむ編です!
そもそも瀬戸芸会期外に粟島に来たのは、ウミホタルを見るためだったのです。
昼間は城ノ山登山、西浜で夕陽を見て、夜はウミホタルツアーと満喫してきました~。

続きを読む 山と海とウミホタル。9月の粟島(後編)

投稿日: カテゴリー 粟島

秋会期準備中!9月の粟島(前編)

こんにちは、サオです。
先日、はじめて粟島に行ってきました!
粟島の瀬戸芸は10月秋会期から。
準備のようすも少し見られましたよ~~~。

◆瀬戸芸準備中!@海洋記念館◆
14292287_962865653821746_8477003811287293001_n
続きを読む 秋会期準備中!9月の粟島(前編)

投稿日: カテゴリー 粟島

日比野さんのOTOTOI丸に乗ってきましたよ~

香川県三豊市仁尾町にある「つたじま」で6/11、12に行われた「瀬戸内DAYOUT2016 」に参加してきました!

無人島アウトドア・アクティブティ、ワークショップ、地元の食の2DAYSイベントで、SUPやシーカヤック、ヨガ、ツリークライミングなどたくさんのことが体験できるし、地物の素材を使った食のマルシェも興味をそそります^^

瀬戸内の魅力を体感できるイベントです。

これは昨年から始まったアウトドアイベントなので、この「しまのこと」のテーマからは外れている・・・と思いきや、船がなんとコレでした! 続きを読む 日比野さんのOTOTOI丸に乗ってきましたよ~

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞