日比野さんのOTOTOI丸に乗ってきましたよ~

香川県三豊市仁尾町にある「つたじま」で6/11、12に行われた「瀬戸内DAYOUT2016 」に参加してきました!

無人島アウトドア・アクティブティ、ワークショップ、地元の食の2DAYSイベントで、SUPやシーカヤック、ヨガ、ツリークライミングなどたくさんのことが体験できるし、地物の素材を使った食のマルシェも興味をそそります^^

瀬戸内の魅力を体感できるイベントです。

これは昨年から始まったアウトドアイベントなので、この「しまのこと」のテーマからは外れている・・・と思いきや、船がなんとコレでした!

作品No. 156
日比野 克彦
瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト 「一昨日丸」

そう、瀬戸内国際芸術祭2013の粟島行きの船です。

DSC_0715

DSC_0813

DSC_0817

DSC_0820

DSC_0822

DSC_0823

DSC_0824

DSC_0826

このイベントの地元のボランティアの方に話を聞いたら、普段は仁尾港と大蔦島をつなぐ船だそうですが、瀬戸内国際芸術祭の粟島の会期の時は、この船が粟島行きのものと交換になるそうです。

日比野さんがこの船の形を気に入ったそうで、そんなトレードがあったそうです。

行政がユルいのか、そんなんできるんですね~(笑)

実は2013年の会期の時は、粟島には行けませんでした。

なのでかなりこの船に乗れたのはうれしかったです!^^

確かに船の形いいですよね~。ペイントもかわいいです!

粟島は瀬戸内国際芸術祭2016の秋会期になります。今年は西の島をしっかり回りたいなぁと思います。

 

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞