山と海とウミホタル。9月の粟島(後編)

前編の続きで、アート以外の粟島観光、自然を楽しむ編です!
そもそも瀬戸芸会期外に粟島に来たのは、ウミホタルを見るためだったのです。
昼間は城ノ山登山、西浜で夕陽を見て、夜はウミホタルツアーと満喫してきました~。

◆城ノ山展望台◆
まずは城ノ山。標高222メートルのちょっとした山道(ほぼ階段)を上ります。
14333573_963692507072394_3310038940745379699_n
「登り40分下り20分」と聞いていたのですが、登るのに1時間くらいかかりました(笑)
時折、葛の花のいい香り
14354959_962865410488437_7613691853533520206_n
ちょっとめずらしい虫や、きれいな蝶もいるのですが、蚊がすごかった。虫除け必須です。
14355160_962865440488434_5659784546329878468_n
カラフルな虫ハンミョウや変な名前のクダマキモドキ、あとはカタツムリがやたらといました。
連れが昆虫好きだったので、写真撮ったり解説を聞いたり忙しい。

ようやく頂上~~~
14344909_963692297072415_8323476928818419539_n
14364738_962865463821765_4869203040556981362_n

粟島っておもしろい形してるんだな~というのがよくわかります。
3つの島がつながって出来たスクリューのような形で、城ノ山から他の2つの羽となる山(写真の両端)、西浜、降り立った港に海洋記念館、みんな見下ろせますよ。
この日は台風接近で曇っていたのですが、瀬戸大橋もうっすら見えました。

◆西浜ビーチコーミング◆

粟島の西側にはロングビーチがあり、夕陽スポットになっています。
14316925_962865047155140_4434073230404237811_n
日が落ちる前には大好きなビーチコーミングタイム~!
開始5分でこれだけ集まり
14265025_962865377155107_6813259681511985394_n
3人がかりでうろうろしていたらこんな山に
14291733_962865287155116_4366158050646067895_n
シーグラスのカラーが豊富で、フジツボもたくさん拾えたのが収穫。ムラサキウニもいました!
14317362_962865133821798_4374429508468001417_n
持ち帰るには重すぎたので、半分くらい浜辺に還しました。
14264983_962865090488469_8068127321841360875_n
白いヒトデ、惜しかったんですがよく見るとトゲトゲが気持ち悪・・・
一部はカケラPOSTに寄付!

◆ウミホタルツアー@ル・ポール粟島◆

本日のクライマックス。
海で青く輝くウミホタルは、5月~10月頃に見られます。もっとも見られるのは6月と9月だそう。
台風が近くて心配でしたが、無事に見ることが出来ましたよ!
14322295_962865007155144_3218059857495377535_n
写真は、これしか撮れていませんが!(スミマセン!)
グラスに入れて見せてもらいました。思った以上に光が強くてきれい!
発光してないときは、こんな感じ
14291834_962864927155152_20152684686616544_n
エビやカニと同じで、甲殻類の一種なのだそうです。大きいもので3ミリくらい。
浜辺で波を見つめていると、自然に漂っているウミホタルも見つかりました!
この日は波が強くて、自然に泳いでいるのはあまり見られませんでしたが・・・
仕掛けで採ったウミホタルを砂浜にばらまくという演出が!波音と青い光、絶景でしたよ~~~
刺激を与えると強く光るそうで、手でたたいてみたり、氷水を拭きかけてみたり、理科の実験みたいでおもしろい◎

このツアーはル・ポール粟島の宿泊客向けに行われているもので、ウミホタルのツアーは粟島ではここだけだそうです。ぜひ体験してみてください!写真でお伝えするのは無理です!

瀬戸芸作品だけをまわるなら短時間で済んでしまいそうですが、海も山も近く自然も楽しめます。
できたらゆっくり時間をとって、島の自然を楽しんでみてくださいね♪

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


投稿日: カテゴリー 粟島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞