今、東京で見られる瀬戸芸参加作家の作品たち

こんにちは、サオです。
瀬戸芸秋会期がいよいよ開幕!
大変にぎわっているようなのですが、入れ違いで、初日は東京にいました。。。
瀬戸内エリアでもおなじみのアーティストの作品が、今、東京でたくさん見られるのです。

※続きは、ボルタンスキー展の写真つきレポです。ネタバレ嫌な方はこのリストだけ参考にしてください!

<今見られる展示>※2016年10月10日現在
【東京都庭園美術館】
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち
2016年9月22日(木・祝)–12月25日(日)

【東京都写真美術館】
杉本博司 ロスト・ヒューマン
2016年9月3日(土)~11月13日(日)

【森美術館】
宇宙と芸術展(森万里子作品あり)
2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)

MAMスクリーン004:宇宙から地球を観る(スプツニ子!映像作品あり)
2016年7月30日~10月18日

【東京国立近代美術館】
所蔵作品展「MOMATコレクション」(大竹伸朗・草間彌生作品数点あり)
2016年8月16日~11月13日

<おまけ:タッチの差で終わってしまった展示レポ>※2016年10月10日現在
【神奈川芸術劇場】塩田千春 鍵のかかった部屋
【Akio Nagasawa Gallery】安藤忠雄 Drawing, Photograph, Maquette



【東京都庭園美術館】
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち

14601031_985696138205364_4157883724193497994_n
なんといっても、待望の!ボルタンスキーの個展!
東京では初の個展、日本では1990年の水戸・名古屋での展示以来です。
14671261_985695851538726_4830955382415456549_n
(1990年の展示フライヤー。当時わたしはほんのほんの子供で、もちろん展示には行っておりません・・・。大人になってから古書店でカタログを買ったら当時のチラシが挟まっていて、「うらやま!」となりました!)

瀬戸内の作品「心臓音のアーカイブ」から心臓音が使われていたり、「ささやきの森」の映像が使われていたり。
ボルタンスキー作品の一連の感じられる展示です。
過去作品では、「影の劇場」シリーズが見られて感無量。
庭園美術館の洋館の一室、というシチュエーションもすごく素敵です。
14650336_985695634872081_5435599327316635369_n14691255_985695591538752_4648271563545365883_o
※平日は撮影可能です。

新作もよかった~!写真には写りませんが、<声>を使った新作が素敵です。
舞台の中にまぎれこんだみたい。そして、その舞台はちょっと不穏で、気持ちがざわざわするのです。

今回の展示に関して、ボルタンスキーのインタビュー映像がありまして。
20分~30分くらいなのですが、ぜひ見てみてください。作品をより深く感じられると思います。

ちなみにカタログはまだ完成してなくて、11月に出るそうなんですが今から楽しみ~~!

<おまけ>
会期ぎりぎりに滑り込んだので、すでに終了してしまったんですが簡単にレポです。
塩田千春に安藤忠雄、行けてないんですが大巻さんの展示もあったようで、芸術の秋の東京、忙しいですね!

【神奈川芸術劇場】塩田千春 鍵のかかった部屋
14485169_985696018205376_578246485588670415_n
14516577_985695978205380_6862694748679040049_n
14606488_985696071538704_1887721104054594909_n
無数の鍵と赤い糸、扉。圧倒される空間です。


【Akio Nagasawa Gallery】安藤忠雄 Drawing, Photograph, Maquette

14691421_985695378205440_1012329066257151193_o
タイトル通り、ドローイングと安藤忠雄本人撮影の作品写真、模型の展示。
光の教会と、住吉の長屋の模型が素敵で、モノクロの写真も素敵で、
作品数は多くないもののずっと見ていたい展示でした。

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞