KOBE⇔SHODOSHIMA

小豆島のモグです。

坂手港から、3時間かけて神戸に行ってきました。

ジャンボフェリーです。

中は、

続きを読む KOBE⇔SHODOSHIMA

投稿日: カテゴリー 小豆島

直島生活丸分かりな漫画本、出ました!!

こんばんは!明日からGW、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

突然ですがニュースです!!

実は、この度、

私が直島に移住した当初の体験談を詰め込んだ、エッセイ漫画

「直島古民家シェア暮らし」

(160ページフルカラー&ほぼ描き下ろし)が

KADOKAWAさんより4月21日(金)発売されました!

こちらからAmazonにジャンプします!

 

私、都会で会社員をずっとしていたんですが、

憧れの直島に住みたくて、

約5年半前、一念発起し、身一つで直島に移住しました。

 

その、島に移住し、島のカフェで働き、古民家でシェアハウスをしていた時の体験が

書かれたコミックエッセイ本となっています!

基本は4コマ漫画+ストーリー漫画の構成となっています!

 

「本の中身、どんな感じなの?」という方に、さらに詳しくご紹介を…! 続きを読む 直島生活丸分かりな漫画本、出ました!!

栗林公園で商工奨励舘を借りてお花見してきました!

ちょっと時間が経ってしまいましたが、

先日「讃岐の晩餐会」のメンバーたちとお花見してきました!
となると、やはり場所はその会場となった栗林公園。
天気が少し不安定だったため、商工奨励舘の二階を貸し切りにしました!
そんなことができるんですね。
結構安価でしたし、景色はとても良かったです。

続きを読む 栗林公園で商工奨励舘を借りてお花見してきました!

いらないところを食べた。

そうめんの島・小豆島のモグです。

そうめんは、棒に引っ掛けて干すのですが、

上の部分は切り離すので、困ってしまうようです。

そこで、だれかが考えた。

「売ろう!これを売ろう!」ってことになりました。

それが、” ふし ”です。

続きを読む いらないところを食べた。

投稿日: カテゴリー 小豆島

女木島でSUPやってきましたよ~

SUPとはスタンドアップパドルボードのことで、大きなサーフボードの上に立ってパドルで漕ぐマリンスポーツです。

サーフィンと違って波があまり無い瀬戸内の海でも楽しめます。

のんびり海上お散歩が楽しめます。

先日まだ寒い中SUPをやってきました!

こんな感じ。

続きを読む 女木島でSUPやってきましたよ~

投稿日: カテゴリー 女木島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞