男木島のサザエ飯を食べて、リン・ティェンミャオの受付に入って、こえび寮の食事会に行った1日

男木島にこえび隊として作品受付に行ってきました。

こえび隊は近辺で買い物をすることは難しいので、昼食は持参して行くのが基本です。

が、今回はせっかくの男木なのでお昼は「サザエ飯」を買うことにしました^^

サザエ飯は男木島のフェリー乗場からすぐの「島テーブル」で販売しています。 続きを読む 男木島のサザエ飯を食べて、リン・ティェンミャオの受付に入って、こえび寮の食事会に行った1日

本村の秋祭りに参加してきました!

こんにちは。まさみんです。10月14日(土)は直島本村地区の秋祭りでした!

先月から毎日夕方になるとどこからともなく練習の太鼓の音が聞こえてきて、秋祭りが近づいてるなぁとわくわくしたものです。

先々週から毎週土曜日に積浦、宮浦と集落ごとに秋祭りが開催され、今週の本村が最終回。

続きを読む 本村の秋祭りに参加してきました!

guntû(ガンツウ)これは泊まってみたい!せとうちに浮かぶ小さな宿

新しく参加したライターゆうこさんから何となく教えてもらっていた
瀬戸内海限定の宿泊できる豪華客船の話。
料金は何と一人40万円くらい!?

そんな話は今まで聞いたことが無くて記憶の片隅に留めていただけだったのですが、
これのことだったんですね。
瀬戸内国際芸術祭にも参加されていた小沢敦志氏の記事で発見しました! 続きを読む guntû(ガンツウ)これは泊まってみたい!せとうちに浮かぶ小さな宿

安藤忠雄展を見てきました!

こんにちは。直島のまさみんです!

初投稿が直島のことじゃなくて恐縮ですが、東京の国立新美術館で開催中の「安藤忠雄展 挑戦」を見てきました^^

直島にある安藤作品といえば・・・

続きを読む 安藤忠雄展を見てきました!

女木島運動会に参加してきました!

10/1は女木島の運動会でした。

こえび隊の活動報告で女木島の運動会は楽しそう、というイメージはありましたが今回が初参加!

今回はこえび隊としてではなく、島民として。

コミュニティセンター長から手伝い依頼があって前日の準備から参加してきました。

島あるあるというか田舎あるあるですけど、
集合時間に行ったらだいたい作業が終わっているパターン、

と思いきや 続きを読む 女木島運動会に参加してきました!

投稿日: カテゴリー 女木島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞