いよいよ夏会期!「讃岐の晩餐会」のお話

いよいよ明日から瀬戸内国際芸術祭2016夏会期が始まりますね~

受け入れ側としては一番しんどい時期ですが、たくさん出会いがあったりして一番楽しい時期なんだと思います。

この「しまのこと」スタッフも最前線に立つメンバーがいます。暑さに負けず乗り切りましょうね~

先日夏会期直前の直島に行ってきました。観光客は多かったように見えたのですが、現状の直島から見れば暇だったようですね。

さて夏会期には、ここから公開となる作品もたくさんありますし、イベントもたくさん行われます。

その中でも、指輪ホテルの「讃岐の晩餐会」のことを今回は紹介したいと思います。

13620188_10208681109859283_5309650241469092324_n

出演者、関係者の皆様、連日連夜の練習おつかれさまです!!

秋会期から少し出演、みたいなことを言っておりますが、本当に出れるのか?出してもらえるのか?というのは現時点では分かりません。

ちょこちょこ練習見学など行っておりましたが、終盤は行けておりません~><

でもメーリングリストで飛び交っている内容や諸々から、いい感じに仕上がってきている感じですね^^

栗林公園が舞台で、おもしろい仕掛けもアレコレもいっぱい詰め込まれています。

長丁場ですし、キャストも入れ替わりながら進んでいくこのパフォーマンスは、お客さん等の環境、状況を含めて、毎回少しずつ色が変わっていくのだと思います。

楽しみですね~

栗林公園と指輪ホテルっていうのが、そもそもいいですしね^^

チケットについて

0001

0002

1 日 時 7 月 18 日(月・祝)~11 月 5 日(土)の土日祝のうちの18 日
15:40 JR 高松駅集合、19:00 JR 高松駅 又は 19:20 高松空港解散

2 場 所 栗林公園商工奨励館(高松市栗林町 1-20-16)

3 公 演 商工奨励館北館前の芝生エリアで、劇団「指輪ホテル」が地元参加者とともに瀬 戸内の風土や歴史に根ざした野外パフォーマンスを実施

4 食 事 北館で EAT&ART TARO 氏監修のもと、「瀬戸内『食』のフラム塾」の塾生が瀬戸 内の食材をふんだんに使ったコース料理(オリーブ牛のローストビーフやカンカ ン寿司等を予定)を提供(60 分間)

5 料 金 8,000 円(バス代、栗林公園入園料、公演鑑賞料、飲食代等含む)

6 定 員 60 名/回

7 申込み 電話、インターネット、FAX による事前予約が必要 TEL:087-821-3079/FAX:087-821-2177(JTB 中国四国 高松支店) URL: http://www.jtb.co.jp/shop/takamatsu-dantai/info/sanukinobansankai/

【予定スケジュール】
15:40 JR 高松駅集合、受付
16:00~16:15 バス移動
16:20~16:45 園内散策(夏会期) 東京藝術大学作品鑑賞(秋会期)
16:50~17:25 野外パフォーマンス鑑賞
17:25~18:25 食事
18:30~18:45 自由時間(お土産等)
18:45~ バス移動 19:00 JR 高松駅 又は
19:20 高松空港 解散

パフォーマンスのみチケットについて

これは「e+(イープラス)」で購入できます!
お食事をされる方はもちろんお食事ですが、されない方のエンディングがどうなるのか?
という件については、最終どうなったのか聞いておりません。
終盤の練習に(以下略)・・・・(笑)

瀬戸内国際芸術祭2016公式イベント「讃岐の晩餐会」の指輪ホテルの野外演劇公演のみ(約45分間予定)を鑑賞できるチケットです。

(バス送迎やお食事はこのチケットには付いていませんのでご注意ください)

16時から栗林公園東門の外にて受付をいたします。
16:45までに商工奨励館本館前にお集りください。
※別途、栗林公園入園料が必要です。公園の受付にて直接お支払い頂きます。
(大人410円、小中学生170円、未就学児は無料。芸術祭作品鑑賞パスポートを提示すると割引がありますので是非ご利用ください。)

小雨決行、荒天中止となります。
(中止の場合は本チケットのみ払い戻しをさせていただきます。栗林公園入園料については払い戻しをしませんのでご了承ください。)
公園内(屋外)を歩いて移動しながら演劇をご鑑賞頂き、最終的に商工奨励館へ到着となります。
雨天時や雨の後などはお足元が悪い可能性がございますので歩き易い、汚れてもよい靴にてご来場ください。
歩き易いよう、大きなお荷物は持ち込まないようにお願いします。
栗林公園にコインロッカーはございますが数に限りがございます。
(本イベントの受付では荷物のお預りはいたしませんので予めご了承ください)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞