「立飲みバー ことこ」は気軽に入れてリーズナブルなところでした~

ハタジです。

高松にも立ち飲みバーがちょこちょことでき始めています。

今回は『立飲みバーことこ』を紹介します。

兵庫町商店街を曲がってすぐの所に3月にできた立ち飲みバーです。

日本酒がいっぱい、もちろんビールやワイン、焼酎などもあり、値段もリーズナブルです^^

店主の岡さんが和服で接客してくれます。

DSC_0702

日本酒が常時20種類以上、ワンコイン500円で飲める、というのをHPでチェックしていたので、本日は日本酒三昧で、と思っていました。

ずらっと並ぶ光景がいいですね~

DSC_0728

凱陣も500円ですか?と聞いてみると、日本酒は全品100mlが500円で、70mlの3種飲み比べセット(組み合わせ自由)が1000円、とのことでした。

しかも凱陣は5種類置いてあるとか。

DSC_0732

ということで、迷わず最初は凱陣3種類をオーダー。

「悦」は他のお店でもちょいちょい頼むので、「悦」以外でと思い・・・

以前飲んで気に入った「興」がありました!「山廃」、「誉」、「興」の3種類です。

DSC_0742

続いて秋田の「白瀑」、福島の「飛露喜」、宮城の「伯楽屋 ひと夏の恋」

DSC_0747

網元から直接仕入れている「干しえび」もオススメです。

四国のお酒や、「獺祭」、「作」、「謙信」他飲んでみたいお酒はいっぱいありましたが、ちょっと酔っ払ってしまいました~

15時から開いているし、商店街付近だし、これだけ日本酒が楽しめるのでありがたい存在ですね~^^

県外の来客があればオススメしようと思います!^^

 

 

【お店データ】
立飲みバー ことこ
住所:香川県高松市古新町4-7 キーストンマンション1F
TEL: 090-1004-5105
営業時間:15:00~22:00
定休日:日曜
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞