オリーブハマチうどんが期間限定で食べられます^^

今話題の「オリーブハマチうどん」をようやく食べに行ってきました!^^

話題なのかな?
皆さまはご存知でした?
最近「オリーブいりこ」なるものも登場してきましたね。

オリーブハマチの特徴

オリーブハマチとは、香川県特産のオリーブの“葉”の粉末を添加したエサ(モイストペレット)を20日間以上与えた養殖ハマチのことをいいます。
オリーブの葉には、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種「オレウロペイン」が豊富に含まれています。オリーブの葉粉末を添加したエサでハマチを飼育すると、酸化・変色しにくい肉質へ改善され、さっぱりとした味わいが得られます。

品質

オリーブハマチ生産に用いるオリーブ粉末は、香川県小豆島町のオリーブ生産業者(株)ヤマヒサで生産されたオリーブ葉を、香川県東かがわ市の吉田飼料(株)で粉末加工した品質にこだわった100%国産原料です。安全で安心なオリーブハマチを提供するため、香川県かん水漁協でも品質を確認しています。

オリーブハマチのサイトはこちらから
http://www.kagyoren.jf-net.ne.jp/kansui/hamachi/

さて、この「オリーブハマチうどん」を初めて目にしたのは
「ひさ枝」の了さんがFacebookで上げていたので、
「ひさ枝」の新メニューかと思っていたのですが、
こういうキャンペーンでした!

オリーブハマチうどんキャンペーン

おかげさまで生誕10周年を迎えるオリーブハマチ。

ますます皆さまにご愛顧いただけるよう、「オリーブハマチ」と「讃岐うどん」のコラボレーションを実現しました!

果たして讃岐うどん界に新しいトッピング旋風が巻き起こるのか?

うどん県民も初めて体験する「オリーブハマチうどん」 あなた自身で確認してください。

1 販売期間

平成29年10月21日(土曜日)~翌1月中旬頃(オリーブハマチ販売終了まで)

2 参加店舗

店舗名 代表者 住所 店舗形態
さぬき麺業 兵庫町店(本店)
香川 政明
高松市兵庫町11ー9
一般店
さぬき麺業 松並店
香川 政明
高松市西ハゼ町235ー1
一般店
もり家
森田 真司
高松市香川町川内原1575ー1
一般店
さぬき一番 一宮店
春日 正樹
高松市三名町105ー2
一般店
ひさ枝
久枝 了
高松市郷東町796ー53
セルフ店

3 実施内容

  • (1) 参加店舗が、それぞれ独自の「オリーブハマチうどん」メニューを開発。10月21日(土曜日)からレギュラーメニュー化します。
  • (2) 11月3日(金曜日・祝)~5日(日曜日)の三連休を「オリーブハマチ生誕10周年感謝デー」とし、各店舗サービス価格に値下げして提供します。
  • (3) 各店舗に専用応募ハガキを設置。「オリーブハマチうどん」を注文した方は、店員にスタンプを押印してもらい、5店舗制覇で応募して下さい。 抽選で合計30名様に香川県産ノリ・イリコのセット(3,000円相当)をプレゼントします。(応募期間:平成29年10月21日~翌1月31日当日消印有効)

4 主催

さぬき海の幸販売促進協議会(香川県漁業協同組合連合会、香川県かん水養殖漁業協同組合、香川県 他)

「ひさ枝」には近々行こうと思うのですが、
今回は、商店街にある行きやすいお店「さぬき麺業 兵庫町店」に入りました。

ここでは「オリーブハマチ生じょうゆうどん」(¥720)と
「オリーブハマチしゃぶしゃぶうどん」(¥950)の2つのメニューがあります。

今日は素材をストレートに味わえる「生じょうゆうどん」をチョイスしてみました。

脂の乗ったオリーブハマチはおいしいですよ^^

うどんにワサビがのるのは決して珍しい訳ではありませんが、たまに食べると新鮮です。

とてもおいしかったです。

このキャンペーンは今のところコンプリートするまでは考えていないですけど、他のお店でも趣向を凝らしたメニューが気になっています。

オリーブハマチは、まだ刺身でしか食べたことがないので、この機会に少し冒険してみようかなぁ。

またチャレンジした際は記事にしますね。

 

【お店データ】
さぬき麺業 兵庫町店
住所:香川県高松市兵庫町11-9
TEL:087-851-5090
営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞