オススメしません!(笑) 1日5島廻った後藤氏のプラン紹介

ハタジです。

瀬戸芸前夜祭飲み会でみっふぃー後藤氏が、「初日は5つの島を廻る」と仰っていて、船便的にはいけるんでしょうが、作品はそんなに廻れないんじゃないかと思っていました。

が、FBでの後日書き込みで意外と新しい所と、ご挨拶も兼ねた感じで主要を押さえているので流石!と思い転載の許可を頂きましたので、紹介します!

ただ、後藤さんくらい島内の協力者がいたり、過去の作品を飛ばしたりしないとできないプランですのでオススメはできないです!

 

~以下転載~

初日ゴトウ超弾丸5島巡り。良い子はマネしないように。島はゆっくり回りましょう。

高松8:00→男木島8:40
066「青空を夢見て」レジーナ・シルベイラ
065「歩く方舟」山口啓介
オギノトリコ
064「部屋の中の部屋」大岩オスカール
060「自転-公転」リン・ティェンミャオ(林天苗)
063「漆の家」漆の家プロジェクト
058「アキノリウム」松本秋則
056「オンバ・ファクトリー」オンバ・ファクトリー


男木島11:00→女木島11:20
045「ISLAND THEATRE MEGI 女木島名画座」依田洋一朗
045「女根 / めこん」大竹伸朗
044「feel feel BONSAI」平尾成志×瀬ト内工芸ズ。
バスおにの館発12:20→大洞窟着12:30
049「鬼の家」カオス*ラウンジ
バス大洞窟発13:05→おにの館着13:15


フェリー女木島13:20→高松13:40
高速艇高松14:20→小豆島土庄14:55
072「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」目
073「大岩島2」大岩オスカール


高速艇土庄15:50→豊島唐櫃16:10
039「豊島八百万ラボ」スプツニ子!
024「針工場」大竹伸朗


高速艇豊島家浦17:35→直島本村17:55
020「桜の迷宮」安藤忠雄
021「彼方の気配」戸髙千世子
007「直島ホール」三分一博志
005「直島パヴィリオン」藤本壮介
002「生きている百物語」飯山由貴
高速艇直島宮浦19:15→高松19:40

 

ぜひ参考にしつつマネしないでくださいね!(笑)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞