至福のフェリーじかん

こんにちは。
芸術祭も終わって、高松港の大賑わいも少し落ち着きましたね。

ゆったりしたフェリーの時間、好きだなぁとあらためて思いました。
みなさん、フェリーでの移動中は何してますか?
寝たり、おしゃべりしたり、景色見たり、いろいろ過ごし方があると思いますが、
わたしは読書に使うのがすごくぜいたくだなぁと思いました。

15056411_1014560095318968_6092845633650371426_n

あったかいお茶と、文庫本。
読むのに疲れて横を見ると海・・・さいこうじゃないですか!
(これにおやつがあれば、何時間でもいられます)

14956430_1014559995318978_2917868990891772836_n

これをやりたいがために、今度は昼間のジャンボフェリーで神戸まで行ってみようかなと思っています(笑)
(片道4時間半。前回は朝イチ5時起きで乗ったので、眠りっぱなしでした。。。)

島旅のおともに文庫本を一冊。おすすめですよ~。

西の島に行く電車は右側に座る&ガイドブック軽量化作戦

こんにちは、サオです。

瀬戸芸終盤、もう間もなく終わるこのタイミングですが、
島めぐりのときにおすすめのポイントがふたつあるのです。ご紹介します。

◆その1:西の島への港に行くとき、電車に乗るときは右側に座る!
西の島に行くときは、電車移動の方はJRで詫間駅、観音寺駅を使いますね?
そのとき、わたしはなるべく進行方向右側の窓が見られるよう、席を確保します。
(もちろん右側のボックス席がさいこう!)

なぜならば!

海の間近を通るからです!

14900319_1000341920074119_525787037226153619_n
14695597_1000341910074120_3608429685333684581_n

この写真のブレで、臨場感が伝わるでしょうか。
海岸寺駅~詫間駅の間のいっときです。
線路のすぐそこは海です!絶景!この区間だけはぜひ起きててください!

◆その2:瀬戸芸ガイドブック軽量化作戦
しょうもない話なんですが。
正直、瀬戸芸ガイドブックって、分厚くて邪魔じゃないですか?
旅で荷物が重いのっていやだし、現地で使うのってその島の数ページだけじゃないですか。

結果、こんなスタイルになってます。

14718794_1000341996740778_4199045201751338203_n
右:その島の作品・地図ページ
左:船、バスなど交通手段のページ
上記を、切り取って、ホチキスでとめて勝手に冊子にする。
(貧乏くさいとか言わない!)
軽くてべんり!
それだけです!

ではまた!

小豆島・大部エリアのこと※モデルコースあり!

小豆島で、「これは見に行った方がいい」といろんな方からすすめられた作品「国境を越えて・潮」。
正直、ちょっと遠いし、大部エリアには2つしか作品がないし、飛ばされがちだと思うのですが・・・
2作品ともとってもよかったので、私も全力でおすすめいたします!

レンタカーで行くのが便利なのですが、わたしはペーパードライバーです。
バスでめぐったので、大部と福田をまわるモデルコースも書いておきますね~。

続きを読む 小豆島・大部エリアのこと※モデルコースあり!

フェリー乗り放題3日間乗船券(3-DAY TRIENNALE FERRY PASS)について

瀬戸内国際芸術祭2016 期間限定
フェリー(大型船)限定乗り放題 3日間乗船券の紹介をします!

2013年に登場した乗り放題乗船券ですが、今回は変更点があります。

【注意】2013年と大きく違う点
①期間が2日間から3日間になり、料金も安くなった。
②高速船は使えない。大型フェリーのみ

料金は
大 人 2,500円(中学生以上)
小 人 1,250円(小学生)

メリットはやはり、料金が安い点と、フェリーチケットを買うために並ばなくてもいい、という点です。 続きを読む フェリー乗り放題3日間乗船券(3-DAY TRIENNALE FERRY PASS)について

船の積み残しとか作品の混み具合のリアルタイムの情報はART NAVIで!

ハタジです。

昨日は瀬戸内国際芸術祭2016が開幕しました!

各地でオープニングイベントがあり、盛り上がりましたね^^

そんな中、女木島男木島と高松を結ぶ『めおん』の最終便で120名ほどの積み残しがあったようですね。

続きを読む 船の積み残しとか作品の混み具合のリアルタイムの情報はART NAVIで!

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞