3月27日の犬島…②石井葉子さんに会いました。と次回の記事は、、

前回からの〜〜続き

犬島発の最も有名なキャラクターと言えば、
妖怪イヌジマ
です。
私達のNPO法人シナジーにも、
犬島にロットナンバー1000番台を棲み憑く企画(^O^)
詳しくは、こちらをご覧ください(*☻-☻*)

http://yoko14145.com/inujima/sumitsuki/

ロットナンバー1002番の千弐さんが棲み憑いて(石井葉子さんのご厚意により譲って頂きました)

犬島担当のヤマシマは、
一昨年東京で村上隆さん主催のゲイサイ19で、
妖怪イヌジマの里親(購入希望者)の
長蛇の列を目の当たりにしました。
作者である石井葉子さんは、ゲイサイに於いては既に有名な作家さんなのですが、それにしても凄い衝撃でした。

その妖怪イヌジマと石井葉子さんが毎年、5月3日に犬島に里帰りします。
2016年の瀬戸内国際芸術祭の期間からは、外れますが毎年犬島では5月3日は犬石大祭が開催されそれに合わせて犬島天満宮の石段に行灯が並びます。
犬島天満宮アート行灯プロジェクト
image

image

島民や島に関わる人々が、行灯にメッセージや絵を描きます。
今回は石井さんのご好意により島外の方でも5月2日の午後から翌5月3日の日中に犬島天満宮に直接来て頂ける方に行灯のメッセージや絵を描いて頂けます。

事前に和紙をお渡しすることも可能ですが、その際は私共のNPO法人シナジーにお問い合わせください。

E-mail) npo.synergy2015@gmail.com
電話) 080ー5613ー8079

image

瀬戸内国際芸術祭2016の春会期には、犬島では新しい作品は登場しません。
犬島担当のヤマシマが島内を歩いていますとガイドブックを見て作品を探しいる方は、
よほどのアート好きでは無い限り、いつから何が登場するかなどは余り気にして無い様で、
「あらっ⁈」無い⁈
みたいなリアクションをされている方を散見しました。
少し物足らない感は、否めませんが今週末は暖かいスタートになりました。

次回の記事は、食事処と休憩スポットのご紹介です。

こちらは、ヤマシマの個人的趣味
アンドロイド0指令
image

WRITER:
シナジー
シナジー

岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞