女木島ツアーその①~OKタワーとバスのこと~

やっぱり女木島男木島巡りを1日で、っていうのは無理かなぁと思いました。

元々2島廻るつもりは無かったのですが、
やはり楽しすぎる夏の女木島のレポを。

今回特に行きたかった作品は、「OKタワー」「女木島名画座」「feel feel BONSAI」、

そして海の家「TSURUYA」さんでビールを飲んで「Beach Apart」のヤスくんと情報交換の予定。

10:00高松発~15:20女木島発まで、
できるだけ廻ろうと思っていました。

DSC_0138

船内はいっぱいでしたけど、お盆過ぎてから島の混雑具合はかなり解消されているようです。

DSC_0139

女木島に行くなら、現地で飲むにせよビール持参は必須ですね~。荷物の量と相談してくださいね。

DSC_0140

西浦まで、いまいちバスの時間が掴めず、所要時間が読めなかったので、着いてすぐOKタワーを目指すことにしていました。

降りた所でもらった案内には、距離3.5km、バスで20分、徒歩50分と書いてありました。

DSC_0148

バスのチケットはフェリー乗場のすぐ近くの「鬼の館」で購入できます。

「OKタワー」のある西浦までの往復は1000円。ちょっと高めですが、途中下車(洞窟)もOKです。

バスの運転手さんに話を聞くと、1時間に1本ペースでバスは動いている、とのことでした。

バスは3台あるようで、古さとペインティングがいい感じです^^

DSC_0142

DSC_0143

洞窟までの風景はとても素晴らしく、冷房の入っていないバスの開けた窓から入ってくる熱気の伴った風がこのバス旅に合うなぁと思いつつ、洞窟にはあっという間に到着。

乗っている方が全員降りましたが、今一度運転手さんに確認しました。

効率のいい廻り方は、西浦に先に行って、洞窟だそうです。

西浦で15分停車するので、その間に見ればOK!とのこと。

DSC_0164

DSC_0189

島民の皆さんが描かれているというのは知っていました。西浦の皆さんに受け入れられているようです^^

DSC_0168

DSC_0170

DSC_0171

DSC_0174

タワーは登れることは知らなかったです。島民の声が流れています。

DSC_0179

DSC_0183

DSC_0187

バスの停車15分の間に近くを散策。

DSC_0192

「いとう整骨院」は今日はお休みでしたけど、普段はやっているそうです。

いとうさんは地元が女木島でUターンしてきた方だそうですね。バスの運転手さんに差し入れしたり等、とても協力してくれているそうです。

DSC_0200

DSC_0201

浜辺ではBBQをやった後が。ジェットの皆さんが集まる場所のようですね。

DSC_0211

15分停車して、出発時間が11:03と伝えられていました。

その後12:05に洞窟発、港行きが出ると聞いていましたが、洞窟から展望台に向かっている時に、11:35の便もあるとアナウンスがありました。

お客さんの状況で増便があるようですね。

始まったばかりの女木島レポはまだまだ続きますよ~

ちなみに「OKタワー」は秋会期の後取り壊しとなるそうですが、島民の皆さんが自分の絵のところは欲しい、という要望がたくさん届いているようですね^^

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


投稿日: カテゴリー 女木島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞