女木島ツアーその②~気になる瀬戸芸作品巡り~

今回の女木島レポは瀬戸内国際芸術祭の作品を中心に紹介したいと思います。

「OKタワー」から戻ってきて鬼の洞窟へ。

ここは子供の頃に高松で育った人は遠足的なことで一度は来ているはずの馴染みのある所です。「おにがしま」と小さい頃は呼んでいましたね~

瀬戸内国際芸術祭のことは関係なく家族連れが来るので、年中バスが港から往復しています。

DSC_0212

DSC_0217

作品No. 049
鬼の家 第1会場「鬼の洞窟」
カオス*ラウンジ
http://chaosxlounge.com/oninoie/

DSC_0220

作品No. 051
オニノコ 瓦プロジェクト
オニノコプロダクション

DSC_0228

香川県内の中学生約3000人がワークショップで作った鬼瓦が洞窟内外にたくさん飾られています。

DSC_0277

受付の方から洞窟の後はぜひ展望台に、と言われて、久しぶりに上りました。

やはり眺めはサイコーですね。女木島は本当に瀬戸内のリゾートアイランド。来る度にいいなぁと思います。

DSC_0287

DSC_0291

OKタワーがとても小さく見えます。

DSC_0300

これ買いました。フツーにおいしいですよ^^

写真撮った瞬間におっちゃんに勧められて買ってしまいました。絶妙なタイミングで奥から出てこられました(笑)

DSC_0304

DSC_0306

「きびだんご」もせっかくなので。ビールも売っていましたが我慢しました。

バスに乗って港へ戻ってきました。ここまでで約2時間でした。

DSC_0528

DSC_0314

作品No. 041
20世紀の回想
禿鷹墳上

DSC_0317

作品No. 040
カモメの駐車場
木村崇人

DSC_0322

作品No. 046
ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」
依田洋一朗

DSC_0327

DSC_0329

DSC_0349

春会期前にこえび隊が制作のお手伝いをしている所に見学に行きました。

依田さんもいらっしゃってお話を少しさせて頂きました。

シアター内の造作を作っているところでしたので、完成形が気になっていました。ようやく来れました。

やはり本場から取り寄せたシートの座り心地は良かったですよ^^

お客さんも少なく、冷房が効いていたので長居しました。

DSC_0357

作品No. 048
段々の風
杉浦康益

DSC_0358

DSC_0369

知る人ぞ知る「メギシコ」。これを引き継ぐという候補の人がいるのですが・・・復活に期待したいですね^^

DSC_0374

作品No. 045
女根 / めこん
大竹伸朗

DSC_0375

DSC_0379

「女根」は内部が結構変わっていてビックリしました。

今回は2階に上がれない代わりに、奥に展示室ができています。

DSC_0419

作品No. 043
国際交流展「NANAIRO+」
愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム

DSC_0421

DSC_0423

DSC_0436

作品No. 044
feel feel BONSAI
平尾成志×瀬ト内工芸ズ。 / 香川県盆栽生産振興協議会

DSC_0460

DSC_0484

GWに男木島に行った時にオンバ・カフェのちぃさんから「良かった」という感想を聞いていました。

ここはまた行きたいと思いました。メンテナンスは大変そうですよね。

ちなみに平尾成志さんは先日の「ナカイの窓」に出ていましたね^^

日本の文化SPの回で、盆栽の歴史は1200年もあると仰ってました。

 

DSC_0489

作品No. 047
不在の存在
レアンドロ・エルリッヒ

DSC_0373

DSC_0492

「不在の存在」は2010年以降、こえび隊で何度も受付に入っているので作品鑑賞というよりはビール休憩。でも切れていたようで缶ビールでした。

本来は生?瓶?

DSC_0493

奥の図書室は今回も「なタ書」のキキさんがディレクションを担当しています。

DSC_0500

作品No. 049
鬼の家 第2会場「鬼の記念館」
カオス*ラウンジ
http://chaosxlounge.com/oninoie/

DSC_0508

15:20の船で戻らなければならなくて、結局全ての作品を廻ることはできませんでした。

もう一本後の便なら見れたと思います。
もしくは途中に入れた作品巡り以外をカットしたら。

でも女木島はゆったり廻りたいですね。
島の美しさ、景色の美しさをたっぷり味わって欲しいです。

次回は夏の恒例行事になっている海の家でまったりするお話をしたいと思います。

 

 

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


投稿日: カテゴリー 女木島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞