女木島で家を借りるまでの話その①&2/3女木地区文化祭のお知らせ

2/3(金)第22回女木地区文化祭が開催されます。

こえび隊ではない、町民として初めての島のお手伝いをやります。

確か2,3年前にこえび隊として女木のソフトバレー大会に参加した後、この文化祭を見た記憶があります。

開催日時:2/3(金)9時~17時
会場:女木コミュニティセンター(高松市女木町203-1)
ぜんざいのふるまいやちらし寿司販売、その他催し物も企画しているそうです。

もしよろしければぜひ冬の女木島に遊びに来てください。

夏とは全く違う雰囲気、というのも人がほとんどいないビーチがとてもいいです^^

家を借りましたが、まだガッツリ住んでおらず、結構な頻度で高松から通ってますが、いつもビーチには目立つゴミが落ちていないです。

毎朝ゴミを拾っている方がいらっしゃるのかもしれませんね。

さて、昨年より女木島で家を借りようと動いておりまして、口約束はできていたのですが、ようやく今年に入って正式契約を交わしました!

年末に引田ぶりしゃぶ、年明けに軽く仲間内で新年会をやりました!

ここが新たなる島のコミュニティスペースになります!

また諸々進んできたら記事にしたいと思っております。

ところでこの「しまのこと」対象の島で、不動産屋さんのある所は小豆島くらいでしょうかね。直島はあるのかな。

自分はかつて、直島で借りて、豊島ではとある方の物件探しから借りるまでの流れを見ていて、今回の女木島で3島目の物件探しに関わってきました。

直島の時は2009年だったので、まだ瀬戸芸が始まる前でした。今とはおそらく状況が違いますよね。

一般的には、不動産屋さんがないので行政窓口か、島の人からの紹介になるかと思います。

直島の時は、又貸し的な感じでした。カフェを始めると決めた際に大家さんにちゃんとご挨拶をしました。

豊島はお店をされている地元の方の紹介で借りました。

今回の女木島はコミュニティセンターが間に入ってくれましたが、事前に大家さんともコミュニティセンター長とも話しておりました。

やはり小さい島なので、どんな人が来るのか、というのは島にとってもかなり重要なことのようで、借りたいからと言って簡単に貸せるものではない、というような感じで最初は門前払いでした(苦笑)

面接までは無かったですが、どんな人間なのかというのはリサーチされていたようです。

こえび隊で女木島にはよく来ていたり、ソフトバレー大会にも出ていたので、そのあたりは良かったですね。

女木島の物件の現状は、まず人が住める所で借りれる所はかなり少ないようです。

家を借りたいという方の問合せは最近でもちょくちょくあるようですね。

島移住のためには、家、仕事、この2つはとても大きい問題ですね。

このあたりのことも次回から触れていきたいと思います。

 

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


投稿日: カテゴリー 女木島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞