瀬戸内よるあそびマルシェ開催

明日、7月23日(土)

TSUTAYA宇多津店にて

「瀬戸内よるあそびマルシェ」が開催されます!

TSUTAYA_FLYER_ラフ_3のコピー

 

TSUTAYAさんと

TSUTAYAさんが応援している島フェスのコラボ企画です♪

星空の下で、本や映画や音楽に囲まれて、注目の人気店や新店のフード&ドリンクやワークショップを楽しむ、贅沢なひととき。

読みたかった本、観たかった映画、聞きたかった音楽。

未だ見ぬ作品に出逢える夜に!

という、何ともオシャレでロマンティックなイベントです!!

 

詳細はこちら↓↓↓

 

===================================

TSUTAYA × shima fes SETOUCHI presents「瀬戸内よるあそびマルシェ」

開催日時:7/23(土)18:00〜22:00

場所:TSUTAYA宇多津店にて

出店店舗:TSUTAYA / shima fes SETOUCHI / KITOKURAS

 / 森々海々 / 天然こうぼぱん とことこ / 豆花 / I’ m Garden

/筒井製菓/ THOTO COFFEE / seto.UCHI 直島

/ パン豆のひなのや/ くすくすぽっけ

===================================

 

私も「くすくすぽっけ」で出店します♪

似顔絵イラストを描かせて頂く予定です!ドキドキ…!!!

 

ちなみに、島フェス…!!

小豆島で毎年8月末に開催される、

なんともゆるく、穏やかで癒されるフェスです♪

『日本一ゆるいフェス』と言われています(笑)

島フェス

爽やかな海風に吹かれながら、

芝生で寝っころがって音楽を楽しむ…

いいですね~~!

あっ!私も直島アゲイン!BANDで出演予定です~!(コーラスだけどね)

 

瀬戸内国際芸術祭を回られる際、フェスに参加なんてのも素敵じゃないでしょうか!?

みなさん、この夏は是非小豆島の島フェスへ!!!


WRITER:
まつざきしおり
まつざきしおり

直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞