瀬戸内国際芸術祭2016開幕4日前!小豆島4時間の旅(後編)

肥土山を離れて、土庄方面へ。

小豆島は2013年から瀬戸内国際芸術祭に力を入れてきましたし、各旅行雑誌への露出がすごかったですよね。

相当観光客が増えたと思います。

土庄に着いたらやはりMeiPAMへ、と思ったら本日休みでした。残念><

が、『しまのこと』のライター中田さんがミーティングしていました。

で、少し歩くと北川フラムさんやこえび隊の内海さん、県庁の今滝さんなどにバッタリ。

今日は土庄の視察だったのかもしれませんね。

 

池本芳栄堂さんの前を通りかかったら生どらの看板に心を奪われてしまいました(笑)

DSC_2199

 

結局「生どら」は売り切れとのこと。水曜日はシュークリームの日で来客数が他の曜日よりも多いらしく、人気商品はすぐ売れてしまうそうです。

DSC_2196

DSC_2197

DSC_2198

 

茶園代表がネット販売を勧めていましたが、窯でたくさん焼くのではなく、手焼きなのでネットだと生産が追いつかない、とのことでした。

たまたまの訪問でしたが、食べれてラッキーでした!

DSC_2200

 

普通のドラ焼きとレモンケーキを買いました。レモンケーキは豊島のお土産でもあります。

ボクはレモンケーキがとっても好きなのです(笑)

DSC_2201

DSC_2202

 

土庄の港などをチェックして、草壁港に戻る途中で、三都半島やふるさと村など寄ってきました。

 

夕暮れ時のここの景色はキレイでした。

DSC_2207

レンタカーを返して、港まで歩いていこうとしたら、結局スタッフの方に送って頂きました。

オリーブレンタカーの中川社長、スタッフの皆様ありがとうございました!!

 

【お店データ】
池本芳栄堂
住所:香川県小豆郡土庄町本町甲608-3
TEL:0879-62-0326
営業時間:8:00~19:00
定休日:日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞