水曜日の小豆島のお楽しみ^^こえび隊受付で土庄エリアに行ってきました!

ハタジです。

こえび隊で小豆島の土庄エリアの「目」の受付に行ってきました!

小豆島は高松から仕事で行く人もたくさんいますし、小豆島からも早朝から高松へ仕事や学校で来る方がたくさんいます。

こえび隊は朝の集合がまぁまぁ早いのですが、港は既にこんな感じです。観光客よりも早く島に行かないといけませんので、通勤の方々に混じって出発です。

DSC_3106

平日なので、観光客も少なめですね。ふらっと土庄を散歩して、それでも時間が余ったので、大岩島を見学に行きました。

073
大岩島2
大岩オスカール

DSC_3111

DSC_3120

結構広いスペースを1人で独占。寝転がって見るのがいいですよね^^

ここはお客さんとしてまたじっくり来ようと思いました!
072
迷路のまち~変幻自在の路地空間~

DSC_3124

このあたりは「迷路のまち」と呼ばれ、その中心に『MeiPAM』があります。

約670年前、南北朝時代に海賊や敵の侵入に備えてつくられた、不規則で複雑な路地が残る町が「迷路のまち」。西光寺を中心にかつて栄えたこの土庄本町で、古い建物やモノを活かしながら新しい価値を創造するため、アートギャラリーやカフェなどを展開しているのがMeiPAM(メイパム)です。地域に根ざし文化を継承しつつ、小豆島ならではの「にぎわい」を創出する。合言葉は「Reborn」。温故知新の精神で、訪れた方々に「心も体ももう一度生まれ変わったような感動」をお届けする。これが私たちのミッションです。

DSC_3127

この作品は2箇所でハンコ一つです。「たばこ屋」が少し歩いた所にあります。

写真は無いですが、どちらもおもしろいですよ^^

「迷路のまち」の町歩きは楽しいと思います!

ここは2014年の夏頃に別件で来たのですが、その時はダンボールの迷路の展示になっていました。おもしろかったですよ。

DSC_0717

写真が残ってました。窓がかなり小さくなりましたね(笑)

その前に来たときは結構前で、まだ柳生忠平さんがアトリエ兼自宅で使っていた時でした。

忠平さんとはかなり前から知り合いで、直島でカフェを始めた時に、泊り込みで制作と展示をしてくれたり、直島の方を紹介してくれたり、豪快なお父さんも遊びに来てくれましたね~

ここはMeiPAMの管理にある作品で、MeiPAMの方も交代で立ち会って頂いています。

今日はヨシカワさんという最近豊島に移住してきたMeiPAMのスタッフさんです。豊島の島事情とか、色々と情報交換させて頂きました!

 

瀬戸内国際芸術祭の作品は、島民の方は無料で入れます。この作品は島民リピーターがとても多いらしく、今日もたくさんの島民の方が訪れました。

TVでも取り上げられたらしく、その後島民がグッと増えたそうですね。

一度見ておもしろくて、別の友達を連れて来るパターンですね~。子供もたくさん来ました^^

家一軒を大胆に使ってますので、この後どうするんやろうね~って話をしていました。

結構短期間で作り上げた作品だそうです。結構大変だった制作裏話を色々と聞きましたが、ここでは書けません(笑)

以前直島でこえびの受付をしたときはヨーロッパの観光客が多かったのですが、小豆島はアジアの方が目立ちますね。

DSC_3139

水曜日に土庄に来たら池本芳栄堂の生シュークリームです!

瀬戸内国際芸術祭開幕前に取材で土庄に来た時が水曜日でした。

その時に初めて知った池本芳栄堂の存在。

夕方で既に売り切れていた生シュークリームが気になっていたので、今日は買ってみようと。

それとなくMeipamのヨシカワさんに聞いてみたら、やはりアリ!ということになってお昼休みに買って来てくださいました^^

DSC_3131

これも前回買い損ねた生クリームどら焼

DSC_3133

DSC_3135

そして生シュークリーム

DSC_3132

DSC_3138

やはりちょこちょこここの話は地元の人からも聞くので、ぜひたまたま土庄に行く日が水曜日ならチェックしてみてくださいね!

【お店データ】
池本芳栄堂
住所:香川県小豆郡土庄町本町甲608-3
TEL:0879-62-0326
営業時間:8:00~19:00
定休日:日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞