小豆島・大部エリアのこと※モデルコースあり!

小豆島で、「これは見に行った方がいい」といろんな方からすすめられた作品「国境を越えて・潮」。
正直、ちょっと遠いし、大部エリアには2つしか作品がないし、飛ばされがちだと思うのですが・・・
2作品ともとってもよかったので、私も全力でおすすめいたします!

レンタカーで行くのが便利なのですが、わたしはペーパードライバーです。
バスでめぐったので、大部と福田をまわるモデルコースも書いておきますね~。

<大部エリア>
◇「国境を越えて・潮」リン・シュンロン(林舜龍)◇
14184412_953375524770759_6197653050570040562_n
砂などでできた196体の子どもの像。196は日本が承認する世界の国の数をあらわしています。
すべて自然にかえる素材でできていて、波や風雨で消失してく作品です。
なので、ぜひ残っているうちに見ていただきたい!
波の音を聞きながら思いをめぐらせる時間は島のアートの醍醐味だと思います。ぜひ。

◇「小豆島の木」竹腰耕平◇
うまく写真とれず!公式サイトなどで見てください!(なげやり)
小豆島の木の根っこを下から見上げるという不思議な体験。
山から海の方向に向かって伸びている根っこの力強さ。
自然光で展示されていて、晴れた日には綺麗な影が、夕日の時間もまた良いですとスタッフの方より。
時間帯を変えてまた来てみたいです。

大部エリアではスタッフさんがとても親切で、島と作品への愛情を感じてうれしく思いました。
バス停を降りればすぐに来て道案内をしてくださり、作品についてもいろいろ話してくださり。
大部までのバスでは乗客が私ひとりだったので、運転手さんがガイドしてくださいました。
(小豆島のグランドキャニオン(?!)や、CMで使われたお醤油蔵のお話、シルバービーチのことなどなど・・・おすすめの場所がたくさん出てきて、地元愛に感動!)
小豆島の中でも比較的過疎地域だとのことで、バスも少ないし訪れる人も少ないそうです。
芸術祭には賛否あるかと思いますが、こういう、新しいエリアに訪れるきっかけになるのはとても良いですよね。

では最後にバスでまわったコースを紹介します~。

◆バスでまわる大部・福田コース(高松発着)◆
※2016年9月1日(瀬戸芸会期中の平日)の情報です。時刻表や作品開館時間は最新情報をチェックしてくださいね※

9:30高松港発・草壁港行きフェリー

10:30草壁港到着・切符売り場でバスの一日乗車券を購入。

10:57バスで福田港へ(南回り福田線)

11:28福田港着
作品鑑賞:福武ハウス
食事:福田アジア食堂

13:30バスで大部へ(北回り福田線)

13:51大部着
作品鑑賞:国境を越えて・潮、小豆島の木

14:56バスで福田港へ(北回り福田線)

15:20福田港でバス乗り換え(芸術祭線)

15:48草壁港着

ミノリジェラートでジェラートをゲットして

16:15発フェリーに乗船

高松着!

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞