気になるALL AWAY CAFEに潜入!結果は3勝1敗でした!

夏会期が始まりましたね^^

高松エリアは『瀬戸内アジア村』と『讃岐の晩餐会』がやっぱり目玉になるかと思います。

今回は高松駅近くのサンポートのデックスガレリアで行われている『瀬戸内アジア村』の「ALL AWAY CAFE」のレポです。

『瀬戸内アジア村』は「タイファクトリーマーケット」とEAT&ART TAROさんによる「ALL AWAY CAFE」、

イベントでは「Asia Performing Arts Market in Setouchi 2016 / APAMS 2016」が行われます。

営業時間が公式サイトでも書いていなかったので、瀬戸芸事務局に問い合わせたところ、15時~19時半とのことでした。

ギリギリアウトの時間帯でしたが、少し覗いてやってたら・・・と思って行きましたが、19:39ではやはり終了していました~
DSC_1602

DSC_1604

img

作品No. 174
ALL AWAY CAFE

瀬戸内アジア村にあるレストランは、すべての客がスポーツでいうアウェイ。日本語も英語も通じず、メニューに言葉はなく写真のみだから指差しで注文するしかない。でも、料理がおいしいことは折り紙付き。食べ物をボーダーを超える存在としてとらえるレストランだ。

と、公式サイトにも公式ガイドブックにも書いてありますが、
実際は写真は飾られておらず、メニューはあるものの、指差しでも、スタッフが日本語を読めないため伝わらないのです。(7/21の時点では)

DSC_1623

中を少しウロつくと、男木島で2010年は「うちわの骨の家」、2013年は「時の廊下」で参加していたアーティスト西堀隆史さんもいらっしゃいました。

今回はタイファクトリーマーケットのお手伝いのようです。

EAT&ART TAROさんがいらっしゃったので、少しお話を伺うと、現在12カ国14名のスタッフがいらっしゃるそうです。

DSC_1612

DSC_1614

DSC_1605

そんな感じでその日は食べられなかったのですが、翌日早速リベンジしに行きました。

DSC_1635

本日のスタッフさんたち。

DSC_1629

ちょっとやってみて、全く通じない・・・・

日本人スタッフもいるのですが、私も言葉が分からないのでがんばって!となります。

とりあえずてんやわんやのハタジを撮って頂きました(笑)

DSC_1637

「ビール」と「五つの香りの豚おやき」を注文するのに、体感時間は30分(実際は10分くらいかかったかも)

2度心が折れかけました~^^

DSC_1642

味はバツグン!

DSC_1646

指輪ホテルの羊屋白玉さんや、県庁のみっふぃ後藤氏もいらっしゃったので合流しました。

DSC_1650

DSC_1653

この三角形のクッションの使い方分かります?タイファクトリーマーケットで販売もしています。

DSC_1654

DSC_1655

日射しは強いですが、キモチいいですよ^^

DSC_1659

「柑橘ソーダ」を飲みたかったので、ビールのおかわりも合わせて第2ラウンド。

柑橘ソーダは注文失敗して、豆乳のなんちゃらってのが出てきましたがおいしかったですよ^^

DSC_1660

裏メニューでコーヒーがあるそうです。

DSC_1663

DSC_1665

実はここに来る前に「3rd TIME」というお店に寄ったら、「ALL AWAY CAFE」の日本人スタッフの方が来られていて、裏事情をコッソリ聞きました(ここでは伏せますが)。

印象としては、列ができていたらおそらくサラッと、並んでなければ遊ばれてしまいます^^

途中通じた感じだけど泳がされるみたいな。

あきらめて帰る方もたまにいらっしゃるそうですが、そういう作品と思ってぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

DSC_1673

DSC_1671

その後流れで飲み会に参加。

「讃岐の晩餐会」の私ハタジの役割がようやく決まりました!

秋公演にちょろっと参加させて頂きます。詳細はまたどこかの記事で紹介したいと思います。

 

 

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞