屋島山上の作品とかキリンの香川づくり一番搾りとか

今回は屋島と、あじ竜王山公園にある作品を廻ってきました。

まずは屋島について紹介します。

キリンビールの昨日8/2に発売になった「香川づくり一番搾り」が「れいがん茶屋」に置いてあったことと、香川を舞台に撮影された「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケの際に大沢たかおさんが絶賛したというメロンパンが売っていたという小ネタも入れておきます^^

どちらのエリアも情報を探すのは困難でしたので、とりあえず空いた時間があったので行ってみようと急遽思い立ちました。(公式サイトは更新が止まってますよね)

屋島は高松市が今、再開発で力を入れている所です。

かつてはロープウェイがあり、ホテルもあり栄えていたのですが、時代と共に廃れていきました。同級生でホテルのせがれがいたのですが・・・

新屋島水族館という山上にある日本でも珍しい水族館がありますし、屋島ドライブウェイという有料道路を通るのですが、ここにはミステリーゾーンがあり、確か話題になったはずです。

実際には上り坂なのに目の錯覚で下り坂に見えるという、ミステリーゾーンがある。これらは「屋島ミステリー坂」や「おばけ坂」「幽霊坂」と呼ばれている。専門的にはこの現象を「縦断勾配錯視」という。

DSC_2337

眺めは絶景。今日は若干霧があったようですが、それはそれで美しいです。瀬戸内海の眺めは飽きないです。

DSC_2340

DSC_2341

駐車場に停めてすぐに目に付いた「くまちゃんのおいしい焼きたてメロンパン」。最初はメロンパンの気分ではなかったのですが、帰りに結局買ってしまいました。

カレーパンも気になりましたが~

 

DSC_2347

DSC_2349

DSC_2398

DSC_2399

とりあえず屋島寺に入って行きます。

水族館もこの中にあります。時間のある方はぜひ!
DSC_2350

 

お!

DSC_2351

179
猪おどし
長谷川仁

森のバランスを取り戻すために人と動物たちが互いの存在を認め合い、程よい関係を築く。動物のテリトリーを示すことで「今いる場所が人間以外の生き物も住んでいる」ということを想像するきっかけとなり、動物(特に猪)にとっても動きや音でこちら側に来てはいけないという警告となる。

DSC_2352

DSC_2353

DSC_2354

DSC_2355

もう少し奥には別の動物たちがいました。

DSC_2357

DSC_2359

DSC_2365

瓦投げ、確か子供の頃にやった記憶がありますね~

DSC_2366

「喫茶マウンテーン」はもうやってないのかな。こんな喫茶店は好きです。

DSC_2394

DSC_2393

奥に進むと「れいがん茶屋」

DSC_2367

DSC_2370

市役所の車が停まっていて、職員の人たちが瓦投げをしていました。視察?

DSC_2392

DSC_2376

180
hi 8 way
ジョン・クルメリング

DSC_2377

∞(無限)を引き伸ばした作品で、見る角度で形が変わって見える、と案内のお兄さんが教えてくれました。

DSC_2380

DSC_2381

DSC_2383

今は安全性の問題で上れないのですが、協議中とのことで、いずれ補強を入れて上れるようになるのでは・・・とも聞きました。

DSC_2385

「れいがん茶屋」をのぞいてみると、8/2発売になったキリンビールの「香川づくり一番搾り」を発見!

DSC_2387

DSC_2388

コンビニでは香川と高知と岡山が並んでいました。お土産にどうぞ。

岡山は結構前に発売になっていました。香川づくりも実は岡山工場で製造されています。

ビンで飲みたかったけれど車なのであきらめましたが、この素晴らしい眺望で飲むビールはサイコーでしょうね^^

後程コンビニで缶を買って、飲みました。高知も。

香川のは一番搾りの感じはありました。高知はちょっと濃い感じ。

香川の方はもう一回飲んでみようかな。

新聞情報では県内の飲食店500店舗くらいで取り扱っているそうです。

アサヒビールの瀬戸芸コラボパッケージはもう見かけなくなりましたね。

DSC_2390

香川大学のゼミによる「ちょうちんCafe」はこの「れいがん茶屋」を借りて行われるようですね。

7/23OPENで、今後は8月は18、19、20、25、26、27。9月は1、2、3の18時から21時に営業です。

あと屋島山上では音楽イベントなどたくさん企画があるようですね。また調べて紹介しますね。

DSC_2400

帰りにメロンパン買いました!

DSC_2401

DSC_2402

今回車で行きましたが、屋島ドライブウェイは有料道路で通常630円取られます。

新聞で瀬戸芸のあたりは期間限定で無料というのを読んでいたのですが、しっかり取られてしまいました。秋だったのかなぁ。

屋島駅からコトデンバスが出ています。

こちらを利用しましょう!詳しくは高松市HPに書いてありました。

瀬戸内国際芸術祭2016【夏会期】開催期間中、屋島山上では、 長谷川仁さんの「猪おどし」やジョン・クルメリングさんの「hi 8 way」 といった作品が公開されます。

これらの作品を鑑賞するには、「屋島山上シャトルバス」のご利用が便利です。

片道運賃:一律100円のところ、
☆芸術祭期間中、作品鑑賞パスポートの提示で運賃が無料になります。

お得にバスを利用して、作品を楽しみましょう!

次回は「あじ竜王山公園」について紹介しますね~

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞