いのしし丸焼きやりました!

先日高松空港の南に位置する塩江で、いのしし丸焼きイベントをやってきました!

近年「いのしし」や「シカ」などジビエが話題になっていますが、塩江は山奥なのでいのしし問題は昔からあります。

女木島や男木島、大島でも、屋島方面からいのししが海流に乗って泳いできたという話はよく聞きますし、男木島でBBQをやった時はその日に取れたいのししをみんなで捌いた思い出もあります^^

2015年に『廃校グルーヴ2015』という廃校を利用した音楽イベントを塩江の上西というエリアで開催させて頂きました。

奥塩江と呼ばれるとてものどかな所です。

今回はその奥塩江にある『ホテルセカンドステージ』さんのビニールハウスをお借りして、廃校グルーヴpresents『まるやきー!!』を無事開催できました。

いのしし丸焼き動画を短いですが上げてみました!

セカンドステージさんで予約すれば丸焼きが楽しめます。

それ以外にもたくさんの体験プログラムがあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

この季節なのでビニールハウスの中でも寒かったですけど、たまたま高知からの方もいたりして、みんなでワイワイできました。

これは特製スパイス、おいしかったです!

これは普通の焼肉のタレです。

途中参加者の方の提案で、「いのししおにぎり」を作りました!

このスパイスは色んな場面で使えそうだなぁ^^

終わった後で希望者のみ、今年度で廃止となってしまう「奥の湯温泉」へ行ってきました。

雪は降っていたのですが、積もる感じはしなかったのですが、まさかのこんな雪景色!

休憩所で1時間くらいゴロゴロしている間の出来事。

香川の街中で雪が積もることなんて年に1度あるかないかくらいですが、やはり山間部は違いますね~

これは「塩江美術館」、とてもキレイな風景でした。

10年近く昔、奥塩江のペンションでみんなで泊まった時があって、翌朝がこんな雪景色でした。

冬用タイヤを付けた事は一度も無く、今回が人生で2度目の雪道運転。

どちらもこの奥塩江っていうのが感慨深いです。

ちなみに塩江は車だと、高松駅付近からだと1時間、高松空港付近からだと15分くらいです。

そんなに遠くないですよ~

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞