瀬戸内国際芸術祭2016×三越伊勢丹 コラボエキジビション Featuring 猪熊弦一郎

ハタジです。

高松にある丸亀町商店街のドーム広場が今こんな感じになっています^^

DSC_2948

ドームから赤い何かを吊るしていますね。これは高松三越と丸亀町商店街のコラボ企画だそうです。

高松三越からすぐのところにこのドームがあり、秋開催の終わりまでこのドームの展示が行われるそうです。

DSC_2953

三越の包装紙「華ひらく」の生みの親でもある猪熊弦一郎氏が瀬戸内国際芸術祭2016の参加作家に選ばれ、三越伊勢丹が瀬戸芸のプロモーションパートナーとなったことにより、今回展示会「華ひらく」が開催されることになりました。

今日三越の広報、中條さんへ高松経済新聞記者として取材に行ってきました。

包装紙「華ひらく」は1950年に猪熊弦一郎氏がデザイン。これが日本の百貨店で初めてのオリジナル包装紙になるそうです。

DSC_2955

これに「mitsukoshi」のロゴを書き入れたのが、漫画「アンパンマン」でおなじみの「やなせたかし」さん。
なんと当時は三越の宣伝部の社員だったそうです。

それから約65年間この包装紙は使われています。

千葉県の犬吠埼の石を見て包装紙のデザインを考えたそうですね^^
DSC_2957

過去2回の瀬戸内国際芸術祭では、宿泊が高松だったとしても昼間は島に渡っているため、観光客が商店街を訪れることが少なかったことが課題で、

「高松の魅力、商店街の魅力を知ってもらうためのキッカケになり、県内の方には猪熊さんの魅力を再発見して欲しい」と中條さん。

コラボ商品は瀬戸芸ショップでの取り扱いはないそうですので、欲しい方はお早めに三越店舗でゲットしてください!

マスキングテープとか良さそうですけど、結構いいお値段です^^

DSC_2964

DSC_2965

DSC_2966

DSC_2967

DSC_2956

高松三越は19時で閉まってしまうんですけど、ぜひお立ち寄りくださいね!

■SETOUCHI ART@伊勢丹新宿本店 
【会期】3月30日(水)~4月12日(火)※本館1階吹き抜けの作品は、2016年11月まで展示予定です。
「瀬戸内国際芸術祭2016」のコラボエキジビションとして、芸術祭の総合ディレクターである北川フラム氏が、伊勢丹での 展示のために設定したテーマは「海の曼荼羅」。今年芸術祭に参加する、国内外の現代美術や映像作家などのアーティスト11名が、伊勢丹新宿本店のショーウィンドー と本館1階吹き抜けにて、多様な作品を展示します。

※大巻伸嗣氏は、伊勢丹新宿本店本館1階吹き抜けのディスプレイを行います。
※アーティスト:淺井裕介、Esther Stocker(エステル・ストッカー イタリア)、大巻伸嗣、片山真理、荒神明香、コシノジュンコ/アトリエオモヤ、田島征三、豊福亮、高橋啓祐、Mounir Fatmi ムニール・ファトゥミ(モロッコ)、日比野克彦(五十音順 敬称略)

■瀬戸内国際芸術祭2016×三越伊勢丹 コラボエキジビション Featuring 猪熊弦一郎
「瀬戸内国際芸術祭2016」の参加作家のひとりである猪熊弦一郎氏は、三越の包装紙「華ひらく」の生みの親で、さらに氏の故郷に建つ、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は今年開館25周年を迎えます。三越日本橋本店・三越銀座店・高松三越の3店舗は、猪熊氏をテーマに芸術祭と繋がることで、猪熊氏を生んだ瀬戸内にアートの魅力を探り、猪熊氏の新しい創造性を発見する機会といたします。
■猪熊弦一郎と「華ひらく」展…三越日本橋本店 本館1階中央ホール 3月30日(水)~4月5日(火)
■猪熊弦一郎と「華ひらく」展…高松三越 本館1階エントランスロビー 3月29日(火)~4月11日(月)
■丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 開館25周年記念展…高松三越 新館5階催物会場 4月5日(火)~10日(日)最終日17時終了
■猪熊弦一郎ミュージアムグッズ…三越日本橋本店 本館1階中央ホール 3月30日(水)~4月5日(火)三越銀座店 7階ギャラリー 3月30日(水)~4月5日(火)最終日18時終了、高松三越 新館5階催物会場 4月5日(火)~10日(日)最終日17時終了

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞