やっぱり触れておきたい仏生山のこと①仏生山温泉

瀬戸内国際芸術祭の観光客の方によく聞かれるのが、高松のおすすめのうどん屋のこと。

あとフェリーが着いて(18時頃)から夜まで過ごすのにおすすめは?と漠然と聞かれることがあります。

そんな時には『仏生山温泉』!と答えることが多いです。

仏生山は江戸時代、松平家がこの地に菩提寺として法然寺を建立したことから、門前町が形成された歴史ある街です。

毎年10月には高松秋のまつり・仏生山大名行列が開催されます。

高松から琴電のレトロ電車に乗って行くのもおすすめの一つかな~

特に2013年以降新しいお店や移住者が増えて、高松の中でも注目度はとても高い場所です。

そんな仏生山のことを紹介しようと思った時に書けるネタがいっぱいあります。
・仏生山温泉
・仏生山まちぐるみ旅館
・cafe asile
・瀬戸内サーカスファクトリー
・パラダイス仏生山
・toytoytoy
・へちま文庫
・コメルシーの台所
・四国食べる商店
・うどんの田
・法然寺と竜雲うどん
(漏れがありそう・・・)

今回は『仏生山温泉』に絞って紹介したいと思います。

DSC_1376

広い駐車場もあります。電車で行かれる方は仏生山駅から徒歩10分もかからないです。

道が狭く、通行量が多いところを通りますのでお気をつけください。

DSC_1375

設計事務所岡昇平の岡さんが自ら設計し、番台も務めています(今も?)。
平日の昼間に行くと常連のおっちゃんがたくさんいて、地域に根付いていることが感じられます。

DSC_1360

DSC_1362

DSC_1363

お風呂の写真はちょっと撮れなかったので公式サイトより写真を。くつろげるいい雰囲気、環境です。

3
画像リンクhttp://busshozan.com/images/3.jpg

【浴場施設】
内湯、露天風呂(ヒノキ、ヒバ)
すべての浴槽がかけ流しとなっております。
【泉質】
ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(療養泉)
旧温泉名での泉質は美人の湯といわれている重曹泉です。
つるつるとした感触をお楽しみください。

DSC_1364

DSC_1365

食事やドリンクも楽しめます。

DSC_1366

衝突防止シートもかわいいですね^^

DSC_1369

DSC_1372

ビールとかき氷をチョイス。涼しい中でのんびりさせて頂きました~

仏生山は「まちづくり」という観点からも、しっかり芯ができていて学ぶところがいっぱいあります。

中心となっているのが『cafe asile』、そしてこの仏生山温泉、この存在とそこに集う人々によっておもしろい動きがあります。

私ハタジは直接仏生山の活動には関わってはいないのですが、勉強会に参加したり、cafe asileの倉橋さんに相談しに行ったりとちょいちょい行くところです。

古き街並みの良さと、新しい風の融合がいい具合なのかなぁと思います。

ちょっと場所は離れていますが、ゲストハウス「そらうみ」さんも人気ですね。

高松の南側エリアはこれからも注目ですね^^

仏生山ネタはまた取り上げたいと思います!

【施設データ】
仏生山温泉 天平湯
住所:香川県高松市仏生山町乙114-5
TEL:087-889-7750
営業時間:平日11:00〜24:00 土日祝 9:00〜24:00(最終受付23:00)
定休日:毎月第4火曜日
入浴料金:大人 600円(中学生以上) 子供 300円(3歳以上)
TEL:087-889-7750

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞