栗林公園に行ってきましたー 

香川県民なのに実はしっかりと鑑賞した事のなかった『栗林公園』。
たまに花見で利用したことはあったのですが、園内をきちんと見ることも無く・・・。

今回はとある取材があったため、合わせてしっかり、とは時間の関係上できなかったのですが、栗林公園の素晴らしさを体感してきました!

いいところです!^^

栗林公園では瀬戸内国際芸術祭2016の夏会期と秋会期に指輪ホテルの『讃岐の晩餐会』が行われます。

秋会期には、東京藝術大学×ロンドン芸術大学国際共同プロジェクトの『複雑なトポグラフィー』の展示がありますね。

栗林公園(りつりんこうえん)は、香川県高松市にある県立の都市公園(歴史公園)、日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。
2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として最高評価3つ星に選定された。
高松歴史文化道に指定。
また2012年には、アメリカの庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」にて、足立美術館(島根県)、桂離宮(京都府)に続く3位を獲得した。

一般的には大通りに面した東門から入園するかと思いますが、今回は北門から入りました。

DSC_0474

DSC_0475

喫煙所は3ヶ所しかないようですね。

DSC_0659

DSC_0476

DSC_0478

入園料は
一般
大人:410円、小人:170円

団体(20人以上)
大人:320円、小人:140円

高齢者や障害者は無料です。瀬戸内国際芸術祭会期内はパスポート提示で割引料金となるようです。

 

DSC_0480

DSC_0490

今回の目的の一つが、四国運輸局が昨年から行っている事業の事業説明会の取材です。

四国在住外国人等によるSNS&WEB発信事業「LOVE SHIKOKU」

ALT(外国語指導助手)や留学生等の四国在住外国人からリポーターを募集し、四国の観光地や鉄道を体験、取材してSNS等で情報発信を行う事業で、今年度のリポーターには中国、台湾、アメリカ、オーストラリア等から28名選ばれています。

昨年の徳島の阿波踊りのPVです。阿波踊りを瀬戸内国際芸術祭に合わせて見に行く方も結構います。

すごい熱気なのでぜひ一度体感してみてくださいね~

DSC_0506

DSC_0513

四国の各県のテーブル毎にレポーターが分かれ説明会開始です。名産品紹介コーナーもありました。

昼食タイムになったので、散策を再開しました。今日は小雨交じりの天気ですが、それはそれで美しいと思いました。

DSC_0522

DSC_0529

DSC_0530

DSC_0533

DSC_0535

和船乗場、ここから南湖を周遊できます。

DSC_0544

DSC_0546

DSC_0551

DSC_0553

DSC_0557

本日の説明会は商工奨励館で行われています。戻って来ました~

DSC_0581

DSC_0624

後半の説明会が終わり一部着物着付け体験等あり集合写真。

この事業は在住外国人による発信です。外国人の視点から四国の魅力を発信していく事業。

この『しまのこと』は移住者の視点から瀬戸内国際芸術祭エリアの魅力を発信していくことがコンセプトなので、大変参考になりました!^^

時間の関係上、少し早足でもう少しだけ散策しました。

DSC_0608

DSC_0610

次回はガーデンカフェ栗林や花園亭、吹上亭、小松亭、皐月亭の茶店に入ってみたいです。

DSC_0632

DSC_0637

DSC_0642

DSC_0647

DSC_0658

土曜日ということもありましたが、たくさんの観光客がいました。年代も上目かなと思いきや、若い層も結構いましたね。

栗林公園は高松駅付近から行くのであればレンタサイクルがおすすめですが、長い商店街をウロウロしながら向かうのもいいと思います。

友人がよく県外からのお客さんを栗林公園に連れて行った、という話を聞いていましたが、ようやく自分で回ってみて栗林公園の魅力が理解できました!

 

【施設データ】
栗林公園
■開園日:年中無休
■開園時間
※月ごとの開園時間
1月 7:00~17:00
2月 7:00~17:30
3月 6:30~18:00
4月 5:30~18:30
5月 5:30~18:30
6月 5:30~19:00
7月 5:30~19:00
8月 5:30~19:00
9月 5:30~18:30
10月 6:00~17:30
11月 6:30~17:00
12月 7:00~17:00

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞