讃岐の晩餐会に行ってきました!

こんにちは、サオです。
瀬戸芸夏・秋会期のイベント、「讃岐の晩餐会」に行ってきましたよ~!
とっっっても楽しい時間でした◎

当日のお楽しみにしていただきたいので、ぜんぜん詳しく書けないのですが・・・!(なので写真もナシ!)
先にお伝えしておきたいことだけ、言い残していきますね!

<大事なポイント>
栗林公園を歩くので、歩きやすい格好で!
特に女子は日傘と虫除け!
お食事つきの方、おなかを空かせて行くべし。
バスの集合時間は厳守で!

まず「讃岐の晩餐会」とは・・・
ハタジさんがくわしく書いてくれてますのでこの記事この記事で~(笑)
日程やチケット入手方法など、書かれています!

わたしはお食事とバス送迎つきコースに参加しました!
(パフォーマンスのみのチケットもあります)

<まず、高松駅のバス乗り場へ>

当日は高松駅のバス乗り場集合(チケットに乗り場番号が書かれています。この日は13番乗り場)
チケットに乗り場の地図が書かれていますので、見ながら行きましょう。
指輪ホテルの演者さんや、こえびスタッフさんがご案内してくれます。

バスに乗り込み、ガイドの案内を聞きつつ15分ほど。
会場は高松の名所、栗林公園です。
(こちらもハタジさんの記事を使わせていただきます・・・くわしくはこちら笑)

<栗林公園到着!>

まず、栗林公園のスタッフさんのガイドで公園内を散策。
秋会期には芸術祭作品の鑑賞に変わるようですね。
時間が限られているのでガイドはダイジェスト版です。
ふだんから、栗林公園はボランティアガイドさんスタンバイしてます。
ぜひまたの機会に、ゆっくり堪能していただきたいです~!(お茶室でいただくお抹茶は至福の時間ですよ!)

<パフォーマンススタート!>
演者さんに誘導されて、少しの距離ですが徒歩移動があります。
芝生の上を歩いたり・・・なので、注意事項!

・日焼け対策必要!
日傘、帽子、日焼け止め、汗ふき用のタオルなど・・・
日傘は、後ろのお客さんの邪魔にならないよう、気をつけていれば使用OK。
夏会期は日差しがヤバイので、ご用意は念入りに~!

・虫除け対策!
会場は自然あふれる公園です。虫、います!

<お食事タイム~>
パフォーマンスから、自然な流れでお食事会場に入ります。
気分も高まったところにお食事・・・テンションあがります~~~~!
個人的には、お食事つきコースを全力でオススメします!!!!

食事の監修はEAT&ART TAROさん。
2013年の瀬戸芸では、「島スープ」が好評でしたね。
(今回、島スープから発展したお料理も出てきますよ・・・!)
讃岐のおいしい食材を使った贅沢なコース料理。
おなかを空かせていってください~!
また、さぬきのワインもふるまわれますので、飲みたい方は車移動しないよう計画を!

お食事中、スタッフさんがお料理について解説してくださったり、どこに行ってきたんですか~?などとお話はずみます◎
おしゃべりも楽しんでくださいね♪

<お食事後・・・>
かわいいおみやげをいただいて、バスまで20分ほど時間がありました。
なので、お買い物タイム!楽しめました!
バスはかがわ物産館栗林庵のある東門から発車しますので、ぎりぎりまでお買い物できました~。
食べ物や工芸品、雑貨などいろいろそろっています◎
県外の友だちへのプレゼントを探すときにもよく利用してます~。

<と、いうことで>
写真なしの文字レポでしたが、参加される方の参考になれば!
とだけ言い残して去ります~~~

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞