いとしの豆腐おでん

こんにちは、すっかりくいしんぼうライターが板についてきました、サオです。
ということで今回も食べ物ネタです。

香川といえば、さぬきうどん。
うどん屋さんにおでんがある話は前にも書きましたが・・・
あらためて、声を大にしておすすめしたい。

おでんの豆腐がおいしい!!
13872805_934447603330218_3974947886256987997_n

おでんに豆腐って、どこの地域のものなんでしょうか?
(全然瀬戸内ネタじゃなかったらごめんなさい!)
埼玉出身関東育ちのわたしは、香川にきてはじめて見ました。
お出汁も、慣れ親しんできたあっさり味とは違って
少し甘辛の、すき焼きを彷彿とさせるおつゆ(もちろんすき焼きほど濃くはありませんが)
焼き豆腐がまるっと入っているのです。サイズは小さめの1丁。

13901511_934447639996881_1380413791433023079_n

焼き目の部分は味が濃いめにしみていて、中はやわらか~。
お隣で煮込まれている牛すじのダシをしっかり吸っています~。
暑い夏でも、冷たいうどんとともに食べたくなる。癒やしの一品です。
13909402_934447656663546_4559189422017344604_o
↑最近の定番。高松の片原町駅近く、「大吉」の冷ぶっかけ小+豆腐。しめて300円・・・!

セルフのうどん店では、自分でお皿にとってレジに向かいます。
いいにおいのおでん鍋もいいビジュアルなんですが・・・おでん待ちの渋滞が出来てしまうので、写真は撮れませんでした・・・。
本当に真夏でもみなさんおでんを食べてます。
つい揚げ物ばかりトッピングしがちなので(天ぷら大好き)、たまにおでんにすると少しはヘルシーかも!
と思っていますが、その代わりに天かすを多めに入れてしまうので(天かす大好き!←デブ発言)そうでもないかもしれません!

「おでんが甘辛系で、豆腐が入ってる・・・?聞いたことねー!」という方、
ぜひチャレンジしてみてください!新しい扉が開きますよ!

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞