香川のグッドデザインが一気に見られる!高松でおすすめの展示3つ

こんにちは。香川の工芸や民芸に興味津々、サオです。
今回は高松で見られる、香川のデザインにまつわる展示を3つ、紹介します。
デザイン好き&工芸好きは必見です!

ではこちらから・・・GO!
13926038_938575549584090_1789984557961597005_o

ひとつめは、「心を豊かにするデザイン-讃岐民具連とその時代-」
高松市歴史資料館で2016年9月4日まで開催中。
香川のグッドデザインがぎゅっと集まった展示ですよ~!

14034842_938577959583849_1531944359195916769_n

香川県には、金子正則元知事の尽力で優れたデザインが数々集まっています。
インテリア、工芸、パッケージデザイン、建築などさまざまなアーティストや職人が高松で活躍した1950~1960年代の作品から、それらの流れを汲んで新しいデザインを作り出す、現代のアーティストまでを紹介。
また、香川のデザインに影響を与えた海外のデザインも展示されています。

金子知事、ジョージ・ナカシマと桜製作所、和田邦坊、流政之、山本忠司、猪熊弦一郎、丹下健三などなどなど・・・すごい時代だったんだなぁと。
わかりやすい解説がついているので、前知識なしでも十分楽しめますよ!県外の方にもおすすめです!
香川には、現代アートだけでなく、こんなに素敵なものがたくさんあるんですよ~。
瀬戸芸パートナーシップ事業なのにひっそりとしてましたが、ゆっくり楽しめました(平日だから?)。
瀬戸芸パスポートで入場料2割引き。ただでさえ200円と破格なのに。
高松の歴史についての常設展もおもしろいです。

◇◇◇◇◇

そして、この展示を入り口として、行きたいところがたくさん出てきてしまうと思います(笑)
紹介されている建築実物や、家具が実際に使われている施設や店舗、パッケージを使っているお店・・・
その中で、近場で、かつ小腹が空いているときにおすすめしたいのが
丸亀町商店街にある、名物かまどの喫茶室。(→公式サイト
和田邦坊によるパッケージはもちろん、中で使われている桜製作所の畳の椅子など、展示で見たばかりのものがいろいろと!
14034776_938575409584104_8470576047746180243_n
↑座布団が敷いてあってかわいい◎
この時代からずっと愛されて、使われてきたんだねぇ、となんだかしみじみ。
知らなかった頃よりずっといとおしく思えてきちゃいます(笑)

そしておやつもおいしかったです~~~
13937877_938575526250759_9213150236408434774_o13926008_938575509584094_1568963344698942_o

塩大福アイスと紅茶♪
塩大福アイスにお茶が、紅茶にはお菓子がついてくることを知らず、とっても食いしん坊みたいな注文になってしまいました(もちろんペロリといただきました◎)
見たばかりの展示を思い出しつつ、ゆっくり空間ごと堪能しましたよー。

◇◇◇◇◇

それから残りの二つは、漆芸の展示です。
13892023_938577819583863_3521783225591924297_n
この記事で少し紹介しましたが、漆芸は香川の伝統工芸のひとつ。
「香川漆芸美術展~その始まりと今~」は、香川県立ミュージアムで開催中。
香川漆芸の祖・玉楮象谷の作品と、現代の若手作家の作品が展示されています。
重厚で超絶技巧の玉楮象谷の作品と、カラフルで華やかさもある若手作家の作品の対比がおもしろいです。
漆の作品って、こんなにかわいいのもあるんだ!とイメージ変わるかも。
こちらは9月19日まで。

◇◇◇◇◇

こんな漆器、どうやって作ってるのか知りたい!と思ったら、タイムリーに開催されている「香川漆芸の三技法展」へ。
香川県文化会館の香川漆芸ホールで10月23日まで開催中です。
香川漆芸の三技法、蒟醤、存清、彫漆の制作工程を、見本付きで展示しています。
行程を解説したパンフレットもあります◎
13891904_938577856250526_8064033364648027588_n

これらすべて、高松駅から自転車圏内(徒歩&電車でも。バスでも。)で行ける範囲にあります。
レンタサイクルを借りて、ぜひハシゴしてみてくださいね。

◇◇◇◇◇

おまけ。
<レンタサイクルで高松まわるなら行きたい場所>
上記3か所に加え…
高松市美術館ヤノベケンジ展
栗林公園(栗林庵でお買い物も)
建築好きなら香川県庁、香川県立体育館
(香川県庁は見学ツアーもあります(要予約・くわしくはこちら))
工芸・雑貨好きならサンクラッケ、IKUNAS(おみやげ買えます)
夕方になったら、サンポートで夕日を見ましょう。
いっぱいあるけどそんな感じです!

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞