香川県庁舎東館のガイドツアーに行ってみた

丹下健三の建築で有名な、香川県庁舎
県民に開かれた庁舎ということで、誰でも中に入ることができます(もちろん県民じゃなくても!)。
建築を紹介するギャラリースペースや、瀬戸芸作品にもなっている猪熊弦一郎の壁画があり自由に鑑賞できます。

が、もっとじっくり見たい方は、ガイドツアーがおすすめ!
県庁の職員の方が1時間程度、ガイドをしてくれます。
予約制ですが、Webから簡単に申し込みができ、瀬戸芸期間中は回数も増やして開催されています。

と、いうことで行ってきました~。

瀬戸芸期間中は、WEBから申し込みができます。(会期外は電話かメールで)
くわしくはこちらのページをご確認ください!

瀬戸芸期間以外は、1階のギャラリーからスタートするそうですが、今回は県庁ホールから。
こちらは東館の中でも、当時の姿が最も良く残されている部分だそうです。
当時の金子知事が丹下健三に依頼した経緯や、丹下氏を紹介した猪熊弦一郎のこと、当時は四国一高い建物で、エレベーターガールがいたんですよ・・・なんてお話をうかがいつつ。
ホールの中の椅子、演台は剣持勇デザイン。ヤクルトの容器をデザインした人です。
14051692_943044999137145_8686641921543554174_n14055103_943044945803817_6688184666459425374_n
そう言われてみると、曲線を使ったヤクルトの容器と、通じる部分がある・・・?
赤がきいていて、妙に気に入ってしまいました。

14080055_943045262470452_3965019866609559822_n
こちらの赤は、後藤塗りの扉。麻布に漆を塗ったものだそうです。
県産品を使い、県の職人を起用するという金子知事の指示で、香川の伝統工芸である漆芸による扉が作られました。
当時は無名でも、県庁での技術が認められ、その後発展していった企業が多くあるとのこと(今は有名な桜製作所もそのひとつだそうです)
県産品と言えば、有名な庵治石も玄関前の床に使われています。

14055084_943044545803857_3324903697625487137_n
おもしろいなーと思ったのが、外の柱。
コンクリートなのに、木目がついていて、ぱっと見は木造みたいなんです。
これは木枠にコンクリートを流し込んで固める工程のためで、通常は仕上げに削って木目は消してしまうもの。
しかしあえて残して、日本らしさを演出しているのだそうです。つい触ってみたくなる柱です。

最後は通常業務中の8階に入れてもらい、ベランダから下をのぞいてみたり。
14053981_943044722470506_5310996353940065349_n
外から見上げていたベランダ部分に立ててちょっとうれしい(笑)

おまけ。
県庁近くには人気のうどん屋さんがたくさん。今回はツアー後「竹清」に直行!
半熟たまご天発祥の店だそうですよ。天ぷら好きとしては見逃せません。
はじめはよくわからなかった注文スタイルですが、お店のおばちゃんは優しく教えてくれますよ。あと、注文方法などの案内がたくさん貼られているのが親切です。観光客多いんでしょうね~。

列に並ぶと、天ぷらの注文と名前を聞きにおばちゃんが来てくれます。
「たまご1とちくわ1!」と告げると、天ぷらの数「2」と書かれた紙切れをくれます。
名前を呼ばれて天ぷらをゲットしたら、レジでうどんの玉数を言ってお会計。(お会計後に天ぷらが届くこともあります)
おつゆや薬味はオールセルフで注いでのっけていただきまーす!
14063932_943044575803854_6787585945225307459_n
レモンも添えて、さっぱりぶっかけスタイルで。
半熟たまごと、濃いめの味のちく天、うまーい!揚げたてで衣カリカリだ!
今日もごちそうさまでした◎

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞