紅葉たのしんでます!@高松

こんにちは、サオです。
高松で過ごすはじめての秋。
市街でも紅葉が楽しめるのがうれしいです。
やっぱりおすすめなのが栗林公園。旅行の方でも行きやすい!

◇栗林公園◇
11月28日までライトアップもしてますよ~(→公式HP
夜の栗林公園に入れる機会もなかなかないので、紅葉だけじゃなく、松やお茶室も違う雰囲気で楽しめます。
15193508_1032583913516586_2199113105996322922_n15241348_1032583940183250_3884425729534435158_n15192551_1032583923516585_3066116448365886058_n15134656_1032583926849918_9137440235654355279_n
15202634_1032619440179700_1885261397974211980_n15179029_1032619376846373_1767671192714868084_n
紅葉の標本木も栗林公園にありますよ~。
写真は数日前のものなので、もう少し紅葉がすすんでるかも。
楓岸というエリアがあり、その名の通り紅葉スポットです。
他にも見どころいっぱいあるので、いろいろお散歩してみてくださいね。

イチオシのポイントはこちら。
わたしの大好きな掬月亭も夜営業をしていて、中からの眺めも最高でした。
15170920_1032619396846371_6158909188727672769_n15170867_1032619420179702_2128939105135708121_n
お抹茶の注文が必須ですが、この景色のためなら払っちゃいます。
(お茶請けの献上栗(栗まんじゅう)も美味しいですよ!)
15134679_1032619406846370_8433898672456695452_n
お茶をいただくお部屋の、隣のお部屋からの眺めが最高です。
楓岸が目の前なんですよ~、さすが、特等席です!

ライトアップ終了までもうすぐですが、ぜひぜひ行ってみてくださいね♪

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞