Nadegata Instant Partyと一緒に!4/10檀山お花見ピクニック!

先日こえび隊で小豆島の『目』の受付に入った時にこのイベントのことを教えてもらいました!

豊島のイベントです!

4/10にNadegata Instant Partyによる「檀山お花見ピクニック!」が開催されるそうです^^

4/2と4/5に行われたアーティストトークも盛り上がったそうですね!

Nadegata Instant Partyとは

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)

美術家の中崎 透と山城大督、アートマネージャーの野田智子ら3人によるアーティスト・ユニット。2006年より活動を開始。地域コミュニティにコミットし、その場所において最適な「口実」を立ち上げることから作品制作を始める。口実化した目的を達成するために、多くの参加者を巻き込みながら、ひとつの出来事を「現実」としてつくりあげていく。「口実」によって「現実」が変わっていくその過程をストーリー化し、映像ドキュメントや演劇的手法、インスタレーションなどを組み合わせながら作品を展開している。
「ルーフトップ・メリーゴーランド/Rooftop Merry Go Round 」(大分トイレンナーレ、2015)、「STUDIO TUBE」(あいちトリエンナーレ、2013)「カントリー・ロード・ショー/COUNTRY ROAD SHOW」(東京都現代美術館、2012)「24 OUR TELEVISION」( 国際芸術センター青森、2010)、「Reversible Collection」(水戸芸術館現代美術センター、2009)

オフィシャルHP

Well, come on stage!とは

―豊島の中央にそびえる、檀山を舞台に。

地域にコミットし、さまざまな人々を巻き込みながらインスタレーションやイベントを展開してきたアーティスト・ユニット、Nadegata Instant Partyが、豊島の中央にそびえる檀山を舞台とし、演劇を企画します。

瀬戸内国際芸術祭2016春・夏会期中に小さなイベントや公開制作を通して島にまつわるエピソードをリサーチし、その集大成として秋には、地域の人々が主役となる演劇を実施。檀山、そして豊島の魅力を再発見し、深堀する試みです。

制作過程の様子やイベント情報など、随時facebookにて配信していきます。

benesse-artsite.jp

 

そして4/10は檀山お花見ピクニック!です!

DSC_3158 DSC_3157

檀山お花見ピクニック!

桜の花々と共に、若葉が芽吹く豊島を一望できる春。体を動かしたり、のんびりリラックスしたり…楽しいお花見イベントを行います。頂上で何が行われるかは当日のお楽しみ。Nadegata Instant Partyが4月2日から豊島に滞在する中で、島の人々と一緒に考えていきます。いつ来ても楽しめるように、小さなプログラムをいくつか準備する予定です。おにぎりや飲み物など準備しています(有料、数に限りがあります)。
春会期は、島の人も、訪れる人も、さまざまな形で自由に参加できる、ゆるやかなイベントからスタートします。

日時:2016年4月10日(日)11:30-15:00(途中参加歓迎)
場所:檀山岡崎公園
料金:無料
申込:不要
交通:徒歩/専用バス(詳細はこちらからご覧ください)

 

 

檀山スペシャルウォーキング

島の方にガイドをしていただきながら、Nadegata Instant Partyと一緒に檀山頂上まで登ります。1時間半の道々、豊島の話を聞いてみるのも良いかもしれません。頂上に着いたら、そのままお花見です!

日時:2016年4月10日(日)9:30-11:00(途中参加歓迎)
集合場所:旧豊島中学校校庭(当日、家浦港から集合場所までスタッフが案内します)
解散場所:檀山岡崎公園(帰りは、専用バスの利用も可能です。詳しくはこちらからご覧ください)
料金:無料
申込:不要

※少雨決行(雨天中止)
※中止の場合は当日9時までに、瀬戸内国際芸術祭・アートナビ、およびfacebookにてお知らせいたします。

 

楽しそうですね~。ちょっと今回は参加できないのですが、秋会期の演劇は絶対観たいです!!!

 

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞