瀬戸芸レポ 宇野~豊島家浦付近の島散歩②豊島家浦編

ハタジです。その②です。

地元のニュースで取り上げられていた、宇野のお弁当があれば、と思ったのですが、残念ながら今日は販売無しの日でした。

弁当は土・日曜に販売される「うのののり弁」(760円)と、木・金曜に販売される「SAMURAIおむすび」(400円)の2種類。いずれもご飯は玉野市が空き農地対策で栽培している雑穀入り。

「うのののり弁」は、ご飯をイチゴのピューレでほんのり赤く染め、地元産シタビラメのフライや焼きのりなどが入る。季節の野菜のソテーや漬物、ハッサクのあんを使ったおはぎなども付け合わせている。

「SAMURAIおむすび」は焼きアナゴ、大豆入りの2個入り。

だそうです。やはり作品巡りで食事の時間が取れないと思われる方にはオススメしたいですね。

またゲットできたら報告しますね。

宇野を少し歩いてからフェリーで豊島に向かいます。今回は家浦エリアをプラプラしたいなと思いました。

作品廻りは次回にしようかなぁ、と思いつつ大竹伸朗さんの『針工場』は見たいなと。あと気になるのが『イル ヴェントの白い寮』ここはいつか泊まりたいです!

まずは家浦港すぐの『豊島マルシェ』の品揃えをチェック。ここに来るのは久しぶりです。

営業時間: 9:00~17:00
定休日: 火曜

DSC_3424

平日水曜ですが、自転車の出はすごいですね。

豊島の移動手段情報は『豊島WEB』が便利です。

個人的には電動自転車が豊島はいいかなぁと思います。ピンポイントならバス。

DSC_3425

DSC_3426

DSC_3427

DSC_3428

DSC_3429

DSC_3430

今日は買いませんでしたが、豊島のレモンケーキは結構な頻度で買ってしまいます。オススメです!

DSC_3432

お弁当もありますね~

DSC_3433

コインロッカーもあります。

DSC_3434

 

今日は入らなかったですが、ごはんも食べれる『イル ヴェント』

022
あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする(日本フランチャイズバージョン)
トビアス・レーベルガー

DSC_3435

久しぶりに『てしまのまど』の前を通ったら看板がめっちゃカッコいい。アキさんにはご挨拶せずに通り過ぎましたが、近々寄ります!

DSC_3438

DSC_3441

024
針工場
大竹伸朗

DSC_3445

そしてプラプラと歩いて本日の目的の一つの『針工場』に。

ここは中は写真撮影NGです。

こえび隊も運び込みを手伝っていた漁船がここにあります。ベンチがあったので腰掛けてそこそこ長く滞在しました。

 

そして今回が実は初めての『courtyard(コートヤード)』に。

『針工場』の隣です。

DSC_3446

こえび隊で会期外に入っていた時、ここの前はたまに車で通過するので気になっていましたが、こえび活動の合間では行けない所でした。

おしゃれですよね~

DSC_3449

DSC_3454

DSC_3458

桜を楽しむには時期がちょっと遅かったですが、こんな広いお庭でゆったり。

いい空間だし、また来たいと思いました!

一つだけ、アルコール類が置いてないのが残念。

DSC_3460

DSC_3461

ここは香川の観音寺の方がオーナーさんだそうで『gaouv rabari(ガーンヴ ラバーリー)』というお店が観音寺にあります。

戻ってきてお店を検索したり、レビューを見てましたが、すごいお店です。

カフェになるのかな。取材してきます!

丸亀でピザ食べて、ここにもお邪魔して、みたいなコースを近々やりましょー!

お店を出たらこの光景。これは写真載せてもオッケーですよね~^^

DSC_3462

【お店データ】
courtyard
住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦1841-2
TEL:080-6379-5108
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ここまで来たので、ちょっと『かめだや』さんをのぞいてみようかなと。もちろん代表の森島さんはいないのでしょうが、今日はお散歩デーです^^

DSC_3464

DSC_3467

DSC_3468

中がオフィスっぽくなっていました。

昔、ここの荷物の運び出しを手伝いました。

『かめだや』は岐阜県から移住された森島さんがかなり昔に閉められてしまったお年寄りの憩いの場だった『亀田商店』を、2011年にリニューアル。

島のおばちゃんと協力して、地のものをつかったお弁当などを港で販売しています。スケジュールや活動内容などはFBページでぜひチェックしてみてください。

以前おばちゃんにたくさん郷土料理を振舞って頂いた事があります。

その時『サウダーヂ・ブックス』の淺野さんもいらっしゃって、豊島に移住したキッカケがかめだやのおばちゃんの作ったおにぎりだったという話を伺いました。

DSC_3469

 

ちょっとビールが飲みたいぞ、と思い、豊島横尾館の斜め前にある『おかだや』さんへ。

ここも結構な頻度で寄ります。

大人の駄菓子屋さんみたいな感じでしょうかね。変わった外国のビールが置いてあります。

見たことも無いチューハイが置いてあったりして、よく情報を頂いています。

今日はオランダのビールを買って、人の往来を見ていました。日本人1に対して、ヨーロッパの方が5、アジアの方が4くらいの感じですね~

おかだやさんは行動を見て、どこの国の人か分かるようになっているようですね(笑)

DSC_3471

豊島に来て美術館も行かず、家浦近辺を散歩するという贅沢な、県外の方からすると絶対できないユルい島巡りでしたが、気になるところがあれば是非行ってみてくださいね。

DSC_3473
【お店データ】
おかだや
住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦2238
TEL:090-3656-7228
営業時間:10:00~20:00(冬季10:00~19:00)
定休日:火曜(火曜が祝日の場合は水曜が休み)
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

WRITER:
hata-g
hata-g

波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。


アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞