瀬戸芸夏初日!豊島に行ってきました

こんにちは、サオです。
瀬戸芸夏会期がとうとうスタート!
めっちゃ混むだろうな…と恐れつつ、初日に豊島に行ってきましたー!!

なぜかというと…クリスチャン・ボルタンスキーのトークイベントがあるからです!!!
作品は見れんでもいい、とにかくボルタンスキーのトークだけ聞いて帰ってこられればいい…!という覚悟だったんですが、意外とゆるく楽しめちゃったので今日のルートを紹介します。参考になれば幸いです。

作品については長くなるのでまた後日書きますね!
今回はまわったルートや混雑状況を中心にお届けします。

<高松~豊島(唐櫃)~高松コース>

◇8:50ごろの高松港◇
はい、どこも行列です。
13710038_922676287840683_559262427731907972_n
10時のめおん(女木島男木島行き)の売り場にすでに行列が…!
スタッフさんがたくさんいるので、売り場や乗り場がわからなかったら聞いてみましょう。

◇豊島(唐櫃)行きの切符を求めて◇
9:30発唐櫃行きを目指して9時前に港に到着。
切符売り場の近くでオレンジ色の整理券が配られていました。
13781793_922676271174018_6806838671621960753_n
そののち、出港30分前から切符の販売スタート。
こちらはさほど列はできていませんでした。
整理券と乗船券を手に、乗り場へ。

◇船に乗ります◇
船内で席を確保したいので、そのまますぐに乗り場の方へ。
待ってる人はまだ少なく、意外と混んでないのかな~?と思っていたら、いつの間にかうしろに行列が!!
13731606_922676301174015_2374305479489956193_n
積み残しはなかったものの、ほぼ満席状態。
やはり、早め早めの行動が大事です~!

◇唐櫃港に到着!バスに乗ります◇
レンタサイクルが出払っちゃってるようだったので、バス移動に決定。
レンタサイクル利用の方は、事前に予約をしておくとよいですよ◎(坂道が多いので、電動自転車推奨!)
あと、港付近でこえびスタッフさんが配っている地図はとても使えます。船とバスの時刻表も載ってます。

◇まずはボルタンスキートーク会場へ◇
唐櫃公堂へまっすぐGO!
13718686_894302190681629_1939993302909540323_n
ついた~!(浮かれてピースサインのわたくし)
到着したのは開演3時間前。え?早すぎ?
だって瀬戸芸初日ですよ?!豊島まで来て会場入れないとかヤダ!
と早め早め、かつ早め早めで到着してみたら、さすがに誰もいませんでした!(笑)
スタッフさんすら見当たらない!w

◇ヒマなので檸檬ホテルへ◇
徒歩5分ほどのところにある「檸檬ホテル」へ。スマイルズの新作です。
13659187_922676241174021_7968295050648421483_n

◇ヒマなのでウサギニンゲン劇場へ◇
トーク開演2時間半前。まだ誰もいませんでした!w
ので、近くでやってるよ~と小耳にはさんだウサギニンゲン劇場へ。
13718499_922676224507356_3906482431565392043_n
※芸術祭作品ではないので、ガイドブックなどには載ってません。
この辺りは島キッチンやストームハウスなど、徒歩圏内に作品が集中しています。

◇戻って、開場待ち◇
開場1時間前、まだまだお客さんは来ません!w
が、ベンチで腹ごしらえしながらのんびり待つ。

ここでポイントです。島での食事問題。
島では食事処が限られているので、ゴハン難民になる場合があります。非常食、大事ですよ!
今日は11時ごろの時点で、島キッチンの整理券は13時半の分でした。
お菓子をつまんでしのいでいる人もちらほら。
パンやおにぎりを持ってきて、棚田や海を眺めながら食べるのもいいですよ。
(わたしは宇野担当ライター・クリタさんにいただいたどら焼きを持参。おいしかった!/私信)

◇クリスチャン・ボルタンスキー アーティストトーク◇
新作「ささやきの森」についてのトーク。
待った甲斐あって前方の好ポジションで拝聴しました。
くわしくは後日またレポしますね!

◇ささやきの森へ◇
トークを聞いたからには、と新作ささやきの森へ。
「山道を30分歩くよ…」と聞いていたので、途中でアイスを買ってエネルギー補給しつつ。
はい、坂道からの山道でした。スニーカー推奨。あと虫よけも。
一応自転車もOKですが、作品の意図としては歩いてきてほしいとのことです。
森の気配を感じながら、巡礼するように歩く、それも含め作品でした。
こちらもくわしくは後日~!

◇最寄りバス停は唐櫃岡集会所です◇
講堂の前のバス停です。
ここから唐櫃港へ戻り…

◇からと港レンタサイクルでそうめんを食べる◇
港前のこちらで本日1回目の食事!
レンタサイクル屋さんですが、小豆島そうめん、さぬきうどん、ソフトクリームなど食べられます。
13659115_922676157840696_6887111491168021186_n
梅干しつきのさっぱりそうめん、おいしい~!

◇唐櫃→高松行きの切符を求めて◇
こちらも30分前に販売開始。
10名くらいの人が並んでいました。また整理券と切符を手にして乗船!
帰りもさほど混まず…。17:30の便で、無事に高松に戻りました。

意外と混雑にあわなかったなーという印象でしたが、豊島美術館は入場規制があったそうで、作品と時間のタイミングによるようです。
時間に余裕をもって、計画してみてくださいね。
困ったときはスタッフさんやこえびさんに相談すると、親切に教えてくれますよ~。

最後に、とにかく伝えておきたいことは。
1:食事難民に気をつけて!
2:日焼け対策、熱中症対策は万全に
3:バス停や港には早めに行こう!

楽しい旅になりますように~♪

WRITER:
サオ
サオ

高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。


投稿日: カテゴリー 豊島

アバウト
しまのことは、瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内海の島々の情報を島在住のライターを中心に発信するウェブマガジンです。
瀬戸内国際芸術祭
ライター
hata-g
hata-g
高松・女木島在住
波多信治 香川県高松市出身。 しまのこと編集長。高松経済新聞記者。 音楽レーベルNaoshima Recordsを立ち上げ、 その後直島でカフェを開業し、1年弱直島暮らしを経験。 現代美術作家O巻氏にちょっと似ていると言われている。 現在女木島に拠点作りをしているビーチサイドライター。
クリタアヤコ
クリタアヤコ
宇野在住
3.11で茨城からバイクと一緒に移住。 宇野港で築100年の家をDIYして開業準備中。アート業界に3年浸かったのち、個人で食やアートや音楽のイベント企画をしてナリワイ作りの真っ最中。今年の畑はトマトとバジル祭りです!
まつざきしおり
まつざきしおり
直島在住
直島在住、まつざきしおりです。2011年9月、会社員を辞め、身一つで直島に移住。 2013年3月、直島観光親善大使に就任。 現在、島のお嫁さんになり、子育てしながら島の漫画を描いたり、島のイベント活動、雑貨・菓子販売等を行っています。 島暮らしあるある・島移住漫画をブログにて日々更新中♪ http://ameblo.jp/shiori-shima/
シナジー
シナジー
岡山市東区犬島から移住定住の推進と、町おこしの活動を行っています。NPO法人シナジーの法人設立代表者
サオ
サオ
高松在住
高松在住、サオです。 埼玉出身東京経由で2016年2月に移住。 高松でカルチャースクール「MARUTEの学校」を立ち上げ、ワークショップしたり、服作ったり、いろいろしてます。 https://www.facebook.com/marutenogakkou/ 特技はウェディングドレスを作れること。
モグ
モグ
小豆島でギャラリー&雑貨のお店をやっているモグです。アート活動もしています。千葉から引っ越してきて4年になります。ムカデにも、もう慣れました。
ゆうこ
ゆうこ
小豆島出身、高松在住のゆうこです。瀬戸内に浮かぶ島での遊びを発信していきます。
まさみん
まさみん
直島在住
福岡県出身。2016年より直島在住。 アートが好きでこちらで暮らし始めることになりましたが、気がついたら瀬戸内の魅力にどっぷりはまってしまいました。


  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松経済新聞